2017.3.23

いつの時代もメイクトレンドを牽引してきたケイトが、この春ブランドデビュー20周年を迎えるよ! そんなアニバーサリーイヤーに打ち出すのは、"あえての厚づきでしっかりカバーしながら、厚塗りに見えない"という、"ケイトらしい発想"満載のファンデ。薄づきファンデじゃ成し得ないこの仕上がりに、人気ヘアメイクアップアーティストのイガリシノブさんもemmaも夢中♡

現品プレゼントキャンペーン実施中

KATEの「厚づき薄見えファンデ」でつくる!ゼロ肌とは?

これがゼロ肌美人

新発売のTHE BASE ZEROが叶えてくれるのは、カバー力はしっかりあるのにけっして厚塗り感のない「ゼロ肌※」(※THE BASE ZEROを使って仕上げた肌のこと)。さっそくViViモデルのemmaが試してみたよ!

補整しながら必要なところに光が集まる、"ほどツヤ肌"♥

クマやくすみで肌がどんより&立体感も物足りない

HOW TOをチェック

カンタン&キレイ HOW TO

難しいテクいらずと言っても過言ではないTHE BASE ZEROの使い方をおさらい。本当に簡単です!

  • 1ファンデはまず手の甲へ

    ファンデはまず手の甲へ

    1プッシュ=パール粒大くらいで全顔を仕上げる。手の甲に出してから、指で顔全体にムラなくのばします。

  • 2

    指の面を使って丁寧に

    指で顔の内から外にのばしていく。指の付け根までしっかり面を使って塗ると、均一にカバーできる。本当にテクいらずで完成!!

emmaのメイクの解説はコチラから

KATEの新ファンデをチェック!

厚づき薄見えファンデ

KATE渾身の新作ファンデ「厚づき薄見えファンデ」の実力を紹介! とにかく感動ものの仕上がりなのでViVi5月号についているサンプルでぜひお試しあれ。

厚塗り感ナシ!

一世を風靡した薄づき仕上がりは、毛穴や肌のムラなど気になるところを隠しきれず、結局は塗り重ねてしまうという悪循環。シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)なら、塗った瞬間からカバー欲求を満たすインパクト大な”盛り感”なのに、その後、スルスルのびてなじみ、仕上がりは薄膜の心地よさ。まさに厚塗り知らず!

カバー力を保ちながら均一にのびる

やや重めのテクスチャーが気になる部分をしっかりカバーしながら、サラサラに処理された顔料が肌の上を驚くほどスルスル〜ッと均一にのびていく。そしてアラを感じさせない仕上がり。この満足感、一度試してみては♥

心地よい密着感

柔らかい質感の”スキンフィットポリマー”により、肌に一体化するようになじみながら、ぴたっと密着。毛穴や色ムラ、肌トラブルを狙い通りカバーできているのに、浮き感や厚塗り感がなく、仕上がり肌が驚くほど軽いのも特徴。憧れのフォトジェニックな肌が簡単に手に入っちゃう。

ゼロ肌ファンデ覚えてね

プレゼントキャンペーン実施中

「#ViViゼロ肌」キャンペーン開催!!

期間

2017年3月23日〜4月21日まで

応募方法

1. InstagramとTwitterのViViのアカウントをフォロー

2. ViViの5月号のサンプルを使った写真と
感想 、#ViViゼロ肌をつけて投稿してね。

ViViの5月号のサンプルを使用して、おしゃれなゼロ肌セルフィーをアップしてね¡ サンプルを写真の一部に入れるもよし、ファンデを塗った仕上がり写真を投稿するもよし♥ 投稿してくれた方の中から、抽選で20名に、ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)現品をプレゼント¡ (雑誌公正競争規約により、この懸賞に当選された方はこの号の他の懸賞に当選できない場合があります)。

こんな感じでアップして!

こんな風に写真をアップして!

THE BASE ZEROの本体をプレゼント

ViViゼロ肌

投稿された写真はココにも随時公開していくよ。

今「厚づき薄見え」が正解な理由!

今「厚づき薄見え」が正解な理由!

枚ベーシックの赤リップも映えるゼロ肌が新トレンドの予感

透け感とちょうどいい厚みを感じさせるファンデ!

  • emma
  • ここ数年、ベースメイクといえば“薄づき”がキーワードだったよね。確かに、すっぴん肌って可愛いんだけど、私はもう少しだけ、絶妙にメイク感のある肌のほうが元々好みなんだ。出かけるときは常に、“ちゃんとキレイにメイクしたい派”だし、そのほうが“emma印”の赤リップも映える気がして。
  • lgari
  • 私も、薄くてツヤめいた肌にしか惹かれない時期が確かにあった。だけど、今はちょっと気分が変わって、撮影のときにあえてクリームファンデを使うことが増えてたんだよね。“薄肌に見せたいんだけど、結局、カバーできてないな〜”って。今は、前よりずっと“しっかりした肌感”がトレンドになっているし、テクスチャーに程よい重みがあるアイテムで、品の良さや締まりを表現するのがカギ。でも、肌自体は厚塗り感を見せちゃいけない。シークレットスキンメイカーゼロは、そのバランスがとれた“JUST”な仕上がり感!
  • lgari
  • 最初はぽってり、だけどすーっと軽くのびるからびっくりしちゃった。ちゃんと仕上げたよっていう肌になれるのに、超塗りましたっていうtoo muchな感じがゼロで。なんだか驚きの多い使用感!
  • lgari
  • リキッドとクリームの中間っていうとわかりやすいかもね。名付けて“リキーム”って感じかな(笑)

ViVigirlもゼロ肌体験してみたよ♡

  • ちょっと大人っぽく見せたいときにぴったり♡
  • 肌の命の折りちゃんメイクがもっと可愛く!
  • きちんと感とヘルシー感、どっちも欲しい!

ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド) 全6色 SPF18・PA++ ¥16 00(編集部調べ)/カネボウ化粧品

スパンコールキャミ¥4900/EMODAルミネエスト新宿店 タンク¥6500、パンツ¥15000/HONEY MI HONEY チョーカー、靴/スタイリスト私物

Hair&Make-up/Shinobu Igari(BEAUTRIUM) Photos/Yuichi Iwaya(vale./model), Kazuteru Takahashi(KONDO STUDIO/still) Styling/Kana Tanaka Model/emma(ViVi exclusive) Text/Natsuko Tohriyama Design/attik

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE