2017.02.16

10409

ハマるな危険! 中毒者続出中のイケメン「吉村界人」がハマっている意外なこと

圧倒的な目力と全身からオーラを放つようなフォトジェニックな容姿で、気になる若手俳優No.1と注目を集めている吉村界人さん。「危険性と中毒性がある」とインスタグラムも話題。演技力への評価も高く、2016年末には主演映画『太陽を掴め』が公開。他に類のない存在感の23歳の内側に迫った――。

PLAIN LIFE

―地味な休日―

暇な時は、ラップの歌詞とか書いてます。ちょっと前から書くようになったんですけど、もともと思っていることを文字にするのが好きで。ある日はそのまんまの言葉で、ある日は比喩で。たとえば空が青いなあと思ったら、どっかの小説にあった表現をひっぱり出してきたり、という感じですね。

友達といるときは、ご飯食べる以外、何してるかな……。

表現者の友達が多いので、写真家だったら一緒に写真を見たり、歌手だったら歌を聴いたり。今はラップをやりたいと思っているから一緒にラップの曲を作ったり、あと自分たちがやってみたい映画の脚本を勝手に考えたりしてますね。僕はインドア派なので、友達ともただ喋ってることが多いんですよ。ホント地味で、出かけるのも映画館ぐらいです。買い物もあまりしないですね。行くとしたら、渋谷ですかね。それも1~2軒店を巡る程度で、さらに2日ぐらい迷うんです。で、買ったら長く着ますね。今日の私服の黒いパンツも6年はいてるんです。実はこれ、高校のときやってたバイト先でもらったんですけど、とにかくはきやすくて。他にもいろんな黒パンツを試したんですけど、これに敵うものはないんですよね(笑)。

AS AN ACTOR

―良くも悪くも混沌―

俳優という存在を意識し始めたのは高校生ぐらいだったと思います。でもその頃は「カッコいいな」ぐらいで、なりたいとかは思ってませんでしたね。

それで大学に進んだんですけど、そしたら急にまわりが「楽しいぜ」って感じに加速していって。僕だけ置いてかれている気がして、人とも会いたくなくなって……。今なら楽しみ方は人それぞれ違うと割り切れるんですけど、当時は僕も楽しまなきゃと焦っちゃったんですよね。結局、中途半端な引きこもりを2年ぐらい続けました(笑)。その間は映画を観たり音楽を聴いたり。そうしているうちに、演技をやりたいと思うようになって、オーディションを受けて、合格して。

初めて演じたときは、「あ、難しいんだな」と思いました。求められることの意味が分からなくて。でも2年半たって、余計難しくなりましたね。いろんな人に出会って、みんな言うことが千差万別で、どれを信じていいのか……。それが芸術だと思うけど、前までは世界が狭かったからある意味ラクだった。今は良くも悪くも「混沌」ですね。目標は具体的にはなくて、ただ信念を持ってやろうと思ってます。全部疑って、僕のみぞ知る僕の道を行く、みたいな。その道の先はまだ分からないんですけど。

I AM AN ORDINARY MAN

―「普通」ばかり―

運動神経は良いほうではないですね。卓球は中学の都大会で優勝しましたけど、熱心にやっていたというよりは、小学生のときから児童館で遊んでて、そのまま何となく続けていた感じで。高校はアメフト部だったんですけど、それも友達が入ったからという理由。だから骨を3本くらい折って、「キツすぎる」って1年半で辞めました。今は朝走ってるぐらいです。走りながら昨日あったことを考える、その時間が好きなんですよ。別に考えなくてもいいことなんですけど、つい考えちゃう。めんどくさい生き物です。

鍛えることに興味はあるけど、あんまりやったことはないです。そりゃ『スナッチ』のブラッド・ピットの体とか憧れますけど、まあ普通であればいいかな、と。

食事も普通ですよ。たまにピーナツバターパンばかり食べたりはしますけど、幸い野菜が好きなので、何とかバランスは取れてます。すいません、なんか「普通」ばかりで(笑)。でも最近は、体にもっと気を遣おうかな、と。撮影の前日に酒飲んでも朝走れば抜けるし、日頃から気をつけるとか俺は関係ないと思ってたけど、最近は周りが「それは違う」と言うんで気にするようになって。そうやってどんどん世界が広がっていってますね。

PROFILE

吉村界人

よしむら かいと
1993年2月2日生まれ。東京都出身。174㎝。AB型。
2014年に映画『ポルトレPORTRAIT』のオーディションに合格し、俳優デビュー。若手個性派として注目を集め、『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(宮藤官九郎監督)など人気監督の作品に次々出演。12/24より主演映画『太陽を掴め』が公開。また2017年には出演映画『牝猫たち』、『獣道』の公開が控えている。

白のパーカ¥15120/comme je suis 黄色のスウェットパンツ¥10800/CONTENA STORE(TTT MSW)
Photos:Eiki Mori Stylist:Yuji Yasumoto Hair&Make-up:Kosuke Abe(traffic) Interview:Naoko Yamamoto Design:attik

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!