2017.07.17

4806

カラオケではタンバリン担当⁉︎新アルバムリリースのJAY'EDさんの深イイ過去とは?

2009年にJUJU with JAY'ED「明日がくるなら」で大ヒットしたJAY'EDさん。あの甘く切ないメロディーと歌声にノックアウト♡された人も多いのでは? 今回、なんとViVigirl・MARINが、今市隆二さん(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、Crystal Kayさんなど、豪華アーティストを迎え完成したニューアルバム「Here I Stand」をリリースしたJAY'EDさんにインタビューさせていただきました! アルバム制作中の裏話やプライベートなことまで、JAY'EDさんの意外でお茶目な一面も紹介します!
 

人生で立ち止まった時に聞いて欲しい曲

MARIN : 音楽って、たとえば落ち込んでいるときに聞いて、気持ちをポジティブにしてくれたり、逆に思いっきり落ち込ませてくれて、すっきりさせてくれたりすると思うんです。今回のアルバムはどんな時にどの曲を聞くのがおすすめですか?

もちろんどの曲もおすすめしたいんですけど、中でもやっぱり「Here I Stand」は自分自身が歩んできたそのものを歌っています。みなさんが悩んだり、落ち込んだりして、ちょっと立ち止まっている時に背中を押すとまでは言わないけど、何かちょっと前向きになれる曲だと思うのでぜひ聞いてください。

Here I Standに込めた想い

 MARIN: 「Here I Stand」はJAY'EDさんが歩んできたものそのものだ、という言葉がすごく印象的です

「Here I Stand」とは、「僕はここに立っている、ここにいるんだ」という意味なんですが、僕がいまこうしていられるのは、本当にたくさんの方の支えがあってのことで。3年ぶりに自分の曲をリリースすることができたんですが、この期間は活動がくすぶっていた時期があったんです。そこから僕を引っ張り上げてくれたまわりの方々のやさしさのおかげでもう一度やるぞ、やらなきゃと思えたんで、なんというか僕の決意表明でもあるんです。

M :くすぶっていたと感じる時期があったんですね。
私なんかが言うのもあれですが、人生って、いつもいい時ばかりじゃないと思うんですけど、
JAY'EDさんのように大変な状況にいる中でもチャンスをつかむにはどうすればいいのでしょうか?


くすぶっていた期間も、ライブ活動はやっていたんですけど、新曲を全然作れていなくて。 でも自分は常に新しい物を作るのが好きだし、それが「アーティスト」だっていう考えもあったので、曲を作れていない自分が本当に辛かったですね。友達からも「大丈夫?」って声かけてもらってたんですけど、悩んでる姿を人に見せたくないっていう思いもあって「ぜんぜん平気だよ」みたいな顔をしてたんです。

だけど、あるとき友達に「大丈夫か?」なんて言わせてちゃダメだって思って。自分のことを気遣ってくれる人がいるのに、その人にいつまでも心配させてちゃやっぱダメだろって。

新曲を出してない期間も音楽を作る意欲はあって、それなのにできなかった。で、きちんと自分と向き合ってみたら、ブレーキかけてたのは自分自身だったんですよ。結局、音楽を作って勝負する度胸がなくなっていたんだって気付いたんです。

そんなときにATSUSHIさんに声をかけてもらえて、もう一回勝負しよう! 音楽と出会ったばかりの時みたく、情熱だけでやってみようって決心しました。だから、質問の答えを言うと、勇気みたいなことかもしれないんですが、友達たちのやさしさがきっかけになって持たせてくれた勇気なんですよね。


 

Crystal Kayさんに母宛のメールを送っちゃって(笑)

MARIN : JAY'EDさんのお話を聞いて、「Here I Stand」を聞くと、すっごく伝わる気がします。
では次は、今回のアルバム制作のあいだに起こったハプニングや裏話を教えてください


ハプニングというほどでもないんですけど、Crystal Kayちゃんが今回のアルバムに参加してくれている(3曲目のWithout You)んですが、彼女にオファーするのに英語で文章を作ったんです。それを自信がなかったので英会話の先生をしている母に「この文章で大丈夫かな?」とメールで聞いて。そしたら、母から「まぁ大丈夫だと思うよ」って返信がきたんですけど、僕、それをそのままコピペしてKayちゃんに送っちゃったんです……。

そしたら、Kayちゃんから「誘ってくれて嬉しい! でもこの場合はこういう言い回しのほうがいいよ~」って、英語を直してくれた文章が返ってきました(笑)。あれは恥ずかしかったですね~。
 

カラオケではタンバリン担当でした……(笑)。

MARIN : JAY'EDさんは何がきっかけで歌手になろうと思ったんですか?

僕、高校を途中でドロップアウトしてしまって、仕事を始めたんです。でもこのままでいいのかな~、なんか中途半端だなって考える自分もいて。僕は皆といる時に意見を言うタイプではなかったし、自分のアイデンティティというか、熱くなれるものも特になく、なんとなくで生きてました。でも、こういう人生も悪くないかって受け入れかけてたんです。

そんな時に友達があるアーティストのライブに誘ってくれて……、ビックリしちゃったんです。性別とか、年齢とか、キャラクターとか、そういうのまったく関係なくたくさんの人を魅了できちゃう音楽ってすごいなって! でも、当時の僕はカラオケに行ってもタンバリン担当みたいなキャラだったので、まずは誰にも言わずにこっそり練習しました。だって、友達に話してもし馬鹿にされたら、続けられるようなメンタルは持っていなかったので(笑)。

毎日毎日練習して、やればやるほど音楽を好きになっていく自分もわかりました。で、ついにライブに友達を呼んで歌を披露したんですけど、みんなに「凄いじゃん!!」って言ってもらえて、その言葉が嬉しくて嬉しくて自信に繋がりました。やっと自分の大事なものに出会えた気がして、その瞬間ですかね、歌手になるって決めたのは。

損か得かより、もっと大事にしなきゃいけないこと

MARIN : ViVi読者の子たちも、夢に向かって頑張っている子もたくさんいます。ひとことアドバイスをいただけますか!

まずは何でも挑戦することだと思います。そして、その何でも挑戦する感覚をいつまでも忘れずに持つこと。一番僕が大切だと思うのは損得を考えずに好きなことに挑み、自分に正直にいることかな。そうすれば熱くなりにくかったはずの僕でも本当に人生をかけられる大事なものが見つけられたから。

SNSで気になるのはステーキハウスの彼!

MARIN : 今回のインタビューのテーマのひとつが「ViVi読者におすすめの“にゅーーなこと”を聞く」、なのですが、JAY'EDさんが最近気になっていることやおすすめのものを教えてくれますか?

カルヴィン・ハリスの新しいアルバム(『Funk Wav Bounces Vol. 1』)! 昼間にゆったりチルしたいときに気持ちよさそうな曲です。もちろん僕のアルバムもおすすめですよ!

あと、ちょっと前はインスタグラムで塩を振りかける動作で有名なヌスレットさん(@nusr_et)が気になってました。ドバイやアブダビにステーキハウスを構えていて、ハリウッドスターのデカプリオさんが来店したり、歌手のリアーナさんは彼のTシャツを着たり。SNSでマネしている人も多いですよ。

MARIN:JAY'EDさんはしないんですか??

もう流行ってるので僕はしません(笑)。

好きな仕草は脚を揃えてきゅっと♡⁉︎


MARIN : JAY'EDさんの好きな女性のタイプを教えてもらえますか?♡

好きなタイプですか。う~ん。やっぱり明るい方が好きですね。明るくて、それでいて自分と違うものをもっている人に惹かれることが多い気がします。そうだ! 女性の好きな仕草はひとつだけあって、ちょっと恥ずかしいんですけど、落としたペンを取るときにしゃがみますよね? その時にパンツが見えないように膝を揃えてキュッと横にする動き! あれが大好きです(笑)。なぜかはよくわからないんですけど。
 

JAY'EDさんの新アルバムには豪華アーティストたちが参加!

6月21日にリリースされた新アルバム「Here I Stand」にはPKCZ,今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE),DOBERMAN INFINITY,Crystal Kay,AKLOなどの豪華アーティストが参加。ViViのおすすめはCrystal Kayさんがフィーチャリングした3曲目の「Without You」、JAY'EDさんの人気曲のニューバージョン「ずっと一緒」(4曲目)、そして、ラスト13曲目の「Here I Stand」。全13曲収録、3000円。

PROFILE
JAY'ED (ジェイド)


1981年9月16日生まれ。日本人の父とニュージーランド人の母の間に生まれ、10歳でニュージーランドから大阪に移住。17歳から大阪のクラブを中心に活動を始め、2008年メジャー・デビュー。自身の代表曲「ずっと一緒」、「最後の優しさ」は動画再生サイトにて500万回以上突破。2009年にはJuJu with JAY'ED 「明日がくるなら」、「Everybody」でブレイクを果たし、その後も数々のアーティストとのコラボレーションを重ね、ジャパニーズR&Bシーンを牽引。

最後に♡

今回のインタビューで、私にも、ViVi読者のみんなにとっても人生のヒントをたくさん教えてもらい、本当にありがとうございました♡ そして、アルバムの中でも、とくに強い想い込められてるという「Here I Stand」を実際に聞いてみると歌詞一つ一つに強いメッセージが込められていて、行き詰まって自信がない時に聞くと絶対に背中を押してもらえる一曲でした。心からみんなにも聞いてほしいアルバムです!

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!