2017.11.13

4544

ウェット&タイトな外ハネはもう卒業!クシャッ&ルーズなカールがこの冬の最旬ヘア♡

ストレートでいくか巻きでいくか迷っているなら、今年は間違いなく巻きでいくべき。むしろ、強めにパーマをかけてしまっても、今年は全然OK! くるくる~ニュアンスまで、差がつくカールスタイルをチェック♡


H a i r  S t y l i s t


 OFF 村島穂菜美さん
Instagramoff.hairsalon
「つくり込まないスタイルとニュアンスパーマが得意です。ライフスタイルや好みをくみとったカウンセリングを大切にしています」

ラフに浮く毛束がヌケ感の決め手

B E F O R E

モデル
パトラー巴奈さん

ニット¥7990/GYDAルミネエスト新宿店




 
HAIR DATA
ベースは肩上レングスのボブ。中間は丸みがつくようにコテをすべらせ、毛先はワンカールの外巻きでゆるいカールをつける。全体にドライ質感に仕上がるスタイリング剤をなじませてクシャクシャともみこみ、ルーズなボリューム感とところどころ浮く毛束を演出。
クシャッとした動きと
ラフな浮き髪がマスト
ウェット&タイトなボブには見飽きた感が。中間にクシャッと動きを出しラフに浮く毛束をつくることが、ボブが新しく見える要因に。
外ハネボブも、この冬やるならクシャッとルーズなドライ質感で。ウェットでタイトな外ハネボブは、そろそろ卒業しよう!
ViVi12月号は
ココから購入できるよ!

最新号の記事をピックアップ

photo:Toshiaki Kitaoka(model) styling:Nozomi Kobayashi,Miku Ishikawa text:Hiroe Miyashita design:mashroom design

ファッション関連のおすすめ記事

ビューティ関連のおすすめ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
yuji 週刊占い]  

読みたいテーマのタグをタップ!!

FOLLOW ME !!

  • twitter
  • instagram
  • LINE

ViViの最新ニュースを毎日配信中!