六星占術恋愛占い『金星人』

2015.12.18

ズバッと当たる!と大評判の、世界で一番売れている占い本『六星占術によるあなたの運命』の著者、細木かおり先生が、金星人さんの2021年上半期の恋の行方を大発表! モテ期や攻めのタイミングをしっかりチェックして、2021年こそ運命の恋を手に入れちゃお

ホレやすく恋愛至上主義! フィーリング重視でとにかくモテる

金星人

+ 】のあなた

出会いは多いけどとれ高低め。今は一人に絞らず幅広く付き合おう

ちょっと不安定な恋愛運……。彼がいる人はトラブルが絶えず、2人の間には問題が山積みになりそう。彼に対する信頼が薄れ、何を言われてもネガティブにしか受け止められなくなってしまうかも。後先を考えずフィーリング重視の金星人だけど、ここで「もうどうでもいい」なんて別れを選ぶのは絶対に後悔するからダメ!!!

もし彼とケンカになったら、今までの2人の関係を振り返ってみて。いかに彼が優しくて、自分にとって大切な人なのかを思い出しながら、運気が復活するのを待ってみよう。フリーの人も、残念ながらあんまり恋愛は期待できなそう。

出会いはあっても、付き合うまでにはたどりつけなさそう。紹介されても、上半期は友達止まりかも。もともと男友達も多くてホレっぽい金星人だけど、恋愛運が低迷している今はダメ男にハマっちゃう可能性も! 上半期はいろんな男性と出会っても一人に絞らず、恋愛運が復活するまで自分磨きで女子力をアゲて。

Page 2

ごとの運勢は?

1月
彼と小さなことでケンカが増えそう。あなたの発言が誤解を与えやすいから、不要な発言は慎むのが良さそう。深く考えず流れに任せてみて。

2月
恋愛運の良い今月は彼と将来の話をすると開運に繋がるよ♡ でも、結婚や同棲など大きなアクションは2021年はせずに、2022年まで待つのが正解。

3月
彼が急な転勤になったり、浮気が発覚したり……予期せぬ事態が勃発するかも! ひとりでクヨクヨ悩むより、友達と楽しい時間を過ごして。

4月
前に好きだった人にまだ未練があるなら、連絡するなら今月中にGO! ダイエットにも成功しやすい時期だから、夏に向けて女磨きを。

5月
今までアプローチを頑張ってきた人には、報われるような嬉しいハプニ ングが待っているかも♡ 彼には感謝の気持ちを込めたプレゼントが有効。

6月
大きなトラブルもなく、楽しい1ヵ月が過ごせそう。彼との関係修復や、 オシャレをして出会いのチャンス拡大に時間を使うと開運に繋がるよ!

Page 3

【 − 】のあなた

恋最強なLOVE運でキラキラな毎日♡モテ期絶頂なパワフルな運気

彼がいる人もフリーの人も、何をやっても恋愛がうまくいくLOVE運最強の時期に突入! 相手の運気もチェックする必要はあるけど、長く付き合っている彼がいる人は、この時期に結婚の話が出ちゃったりすることも♡

フリーの人も超ハマる恋に発展するような出会いがゴロゴロ待っているよ。思い立ったら即行動する性格の金星人だから、自分から告白しても嬉しい返事が聞ける強気な運気。セックス運もとーっても良いから、パートナーと純粋にLOVEを育むことができるよ。

もし、いま三角関係など不毛な恋に悩んでいる人がいるなら、思い切って決着をつけなくっちゃ! せっかく恋愛運の良い時期だから、悩む恋なんて捨てて、どんどん素敵な出会いを探して楽しむほうが運も味方してくれるはず。

パワフルに行動した分だけ開運できるから、女子会なんておやすみしてガンガン積極的に出会いを求めよう。キラキラをまとった今期のあなたは、モテ期絶頂だよ

Page 4

月ごとの運勢は?

1月
頑張るほどに恋愛運がアップする最強時期♡ 好きな人がいるなら、彼 に熱量高めにアプローチして一気に話をまとめちゃうのもアリな感じ。

2月
あなたの何気ない一言が彼のプライドを傷つけてしまいそう……。一時 的に関係はギクシャクするけど、時間がそっと解決してくれるはず。

3月
今月は同棲に踏みきってもOK♡ 彼ママにも気に入られる時期だからご 挨拶をしてみよう。危険な恋はあなたの恋愛運をガタ落ちさせるからダメ。

4月
恋愛運が先月から一転。思い通りに行かないことが連発の予感。彼への 依存心も強くなり、恋愛トラブルのイライラから散財してしまう危険も。

5月
人生を劇的に変えてくれる素敵な人との出会いの予感♡ 一緒にいると あなたもステップアップできる理想的な関係を築くことができそう。

6月
美容やセルフケアにお金を使うと、ダイレクトにLOVE運もアップしそう。 今月はケチらず自己投資にお金を回して、美女化計画を進めて。

六星占術恋愛占いTOPへ

Horoscope : Kaori Hosoki Illustration: Honoka Yoshifuku Text: Maki Nishimura