なれの果ての僕ら内海八重

<あらすじ>
『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス! 同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお(ゆめさき みきお)。目的は「極限状態での善性を試す」こと。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンスをNET ViViで試し読み!【毎日17:00更新】