私たちはどうかしている安藤なつみ

<あらすじ>
七桜(なお)は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。しかし殺人事件が起き、容疑をかけられた七桜の母親は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。二人は和菓子の腕を競って対決するが、椿は七桜のことに気づいていない。その彼から思いもよらない言葉が!? 安藤なつみ先生の大人気作『私たちはどうかしている』をNET ViViで無料試し読み♡