ボーイズ・ラン・ザ・ライオット
【第6話】自分らしく生きるための

“俺を知ってるのは俺だけでいい”と自分を隠そうと考えた凌。そこに授業に出てこなかった凌を心配して迅が探しに来るも素っ気ない対応をする凌に迅は「本音ぶつけろよ!」と言う。凌はぶつけてどうなる?と考えながらも「俺ッ、頭ン中、男なんだ」と打ち明けた。すると迅は……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
この続きをすぐに読みたい方は 第1巻絶賛発売中!
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました