はたらく細胞LADY
【第2-2話】それは本当に敵なのか……?

お嬢様の腟口周辺に刺激を感知した細胞たちは外部からの侵入に緊迫していたが、同時にお嬢様は不安はあるものの幸せのホルモンを分泌させていた。しかし、膣液が足りなかったせいか、腟口への侵入はそこまでだった。お嬢様への気持ちが強い白血球のマクロファージは次にお嬢様への侵入するモノは許さないと敵意を露わにさせるが……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
Amazonで好評発売中! 楽天ブックスで購入 コミックプラスページ
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました