【第2-2話】それは本当に敵なのか……?

お嬢様の腟口周辺に刺激を感知した細胞たちは外部からの侵入に緊迫していたが、同時にお嬢様は不安はあるものの幸せのホルモンを分泌させていた。しかし、膣液が足りなかったせいか、腟口への侵入はそこまでだった。お嬢様への気持ちが強 … 続きを読む 【第2-2話】それは本当に敵なのか……?