十字架のろくにん
【第5話】この復讐は誰にも渡さない

《前回のあらすじ》いじめを受けていると家族に打ち明け、転校することが決まった俊。転校までの間、学校を休んでいた俊の前に、いじめていたグループの数名が現れ、主犯の至極京と通話が繋がっているスマホを俊に渡した。すると「実験の途中で逃げ出すのは許さないよ。いつも実験体Aの親が通る峠道、いつ事故ってもおかしくないよね」と言われ電話が切れた。峠道の上にいる至極京は、俊の家族が乗った車が来ると、隣にいたいじめ仲間を突き飛ばし、車の目の前に転ばさせた。俊の家族が乗った車は、それを避けて峠から落ちてしまう。いじめによって父と母を亡くし、翔は一生寝たきりかもしれなくなった俊は“死のうか……”と考えるが……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
マガジンポケットで続きを読む 講談社コミックプラス

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました