ましろのおと
【第11話】苦手な母親

雪はユナが東京から出て行く前にライブで演奏した音や高揚感を忘れられずにいた。それから何度弾いても、あの時の音は出せず行き詰まっているのを感じた。雪が家に戻ると、なぜか居着いてしまったユナの元カレのタケトがくつろいでいた。するとタケトが雪に「三味線を弾いている時意外は生きてる感じがしない」と言い出し、2人の言い争いが始まりそうになった、その瞬間、雪の母親の梅子が部屋に突撃してきて雪を連れ去り……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました