ましろのおと
【第16話】三味線を持った女の子

雪の学校の転入手続きも終わり、青森に帰る若菜。すると雪が、帰る前に一緒に津軽三味線を弾こうと若菜を誘った。そこで2人は幼少期に作った題名もない曲を弾き始める。2人の三味線の音は振動して、まるで空気が光っているかのような空間になり……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました