ましろのおと
【第22話】なんのために弾く、誰のために弾く

昔、清流が学校に置いていったという津軽三味線を見つけた雪たちは、その三味線を津軽三味線愛好会で使っていいかライブ終了後の清流に聞きに行った。使用を快諾してくれた清流に、価値のある三味線を学校に置いていったことが理解できないと雪が口を挟む。清流はその雪の言葉にも意を介さず「わからなくて結構」と返した。しかし雪が津軽三味線の名人、澤村松吾郎の孫だと知ると清流は『じょんがら節』を弾いてみせるよう、雪に言って……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました