ましろのおと
【第24話】久しぶりに会えた

朱利の祖母の思い出の曲『春暁』は雪の祖父が弾いたもので雪には到底弾けるものではなく、朱利が雪に弾いてほしいと思っていても雪は応えることができずにいた。雪は下宿先の山野桜(やまの さくら)に、自分ではできないことをやってほしいと頼まれたらどうするか聞くと、桜はやらないと即答するが続けて「それがとっても大切な事で、やらなきゃ後悔があるようだったら失敗しても自分流で頑張ります!!」と答えた。それを聞いた雪は兄の若菜に祖父が弾いた『春暁』のテープを送ってほしいと頼む。若菜が雪に『春暁』を弾くのかと聞くと雪は朱利と朱利の祖母の話をした。そして応えられるか怖いと言う雪に若菜は「“想い”の強さは知ってるが知らないがの違いだ」そして雪の『春暁』を聴かせて記憶の上書きをすればいいと言われ……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました