ましろのおと
【第25話】奏法を捨てる

朱利の祖母の思い出の曲『春暁』を弾くことを決意した雪は祖父の音が録音されているテープを若菜に送ってもらった。しかし自分では再生機器を持っていなかったため矢口海人(やぐち かいと)に頼み、海人の部屋でテープを聴かせてもらう。そして帰り際、1冊のグラビア雑誌が目に入った雪。そこには雪のファーストキスを奪ったユナが載っていた。ユナのページを海人からもらった雪は自分の部屋に飾り、久しぶりに祖父の音とユナの笑顔に会えたと嬉しく感じていた。翌日、雪は朱利に朱利の祖母の前で『春暁』を弾きたいと伝えて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました