ましろのおと
【第27話】師の音から出る時

雪が朱利の祖母の前で『春暁』を弾くことにはなったが、その事から言い争いが始まってしまった結と海人。最初はいつものような軽い言い合いだったが次第にヒートアップしていき海人の「お前はただ面白がって朱利を困らせてるだけだろ!!」の言葉に結は怒り海人を蹴りつけた。そして「海人はっ、昔っから朱利ばかりを可愛がる!!」と叫び、心配して結に近寄った朱利に「近づかないで」と言い放ちその場を立ち去った。その流れから、結は海人のことが好きなのだと気づいた朱利。そして「結ちゃんは、あたしを嫌ってる」と自分の気持ちをこぼし……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました