ましろのおと
【第28話】引き継がれた音の魂

朱利の祖母の前で演奏の準備をしながら雪は祖父や祖父の音に思いを馳せていた。そして師匠である祖父の音から“出る時”がきたと決意し『春暁』を弾き始める。その瞬間、朱利の祖母は昔、雪の祖父が『春暁』を聴かせてくれた時のことを思い出し……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました