ましろのおと
【第31話】無欲って罪?

三味線をレンタルさせてもらうため三味線ショップに行った雪、朱里、結、海斗。しかし雪以外の3人は三味線の知識がなかったため三味線ショップの店主に三味線の仕組みについて基本を教わっていた。唯一、三味線のことを知っていそうな雪に、店主が「津軽、やってるの?」と尋ねると、すかさず結が「こいつ“澤村雪”っての。覚えといた方がいいよー」と説明した。すると店主は“澤村”の姓を聞き、雪が、あの津軽三味線の奏者で有名な澤村松吾郎の孫だと知って驚いた。そして、偶然お店に訪れた民謡居酒屋の女将に雪を紹介するが……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました