ましろのおと
【第33話】素人相手に腹立てるなよ?

三味線愛好会には三味線を教えられる人もいなければ、特に目標もなかった。顧問の小藪先生がそのことで少し悩んでいると『全国高等学校津軽三味線甲子園 松吾郎杯』の参加者募集の知らせが学校に届き、三味線愛好会のメンバーに伝えた。三味線愛好会は出場することを決めたが、雪はこの大会が、雪の母親の梅子が仕込んだことだと気づく。その頃、青森でも津軽三味線の奏者、田沼総一(たぬま そういち)が出場を決めて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました