ましろのおと
【第35話】勝手なことばかり言いやがって……

雪が学校から帰宅すると雪の部屋に母親の梅子が勝手に上がり込んでいた。雪は梅子が企画した『津軽三味線甲子園 松吾郎杯』について、どういうつもりなのかと問いただすと、「松五郎の名前がついだ大会での初タイトル、オメえの実力さ示すのさふさわしいべ」という返答が。それに対し「俺、出るの団体戦だけだ」という雪に、梅子は「ふっざっけんなっ!!」と怒鳴った。そして雪の足を蹴って押し倒し「松吾郎はすごかった! 本当にすごかった!! なのに誰も知らねぇっ。あだしは松吾郎の娘だっ!!」と言い、雪の才能を松吾郎のように燻らせないとさらに怒鳴って……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
コミックスプラス マガポケで続きを読む TVアニメ『ましろのおと』公式サイト

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました