オトナの赤い糸
【第2話】“その気”にさせたい(2)

あすかは運命の赤い糸ではなく、肉体的に繋がれた糸が見えていた。その“赤い糸”が見えてしまうために28歳でも未だ処女。そんな時、情報アプリのライターとして働くあすかはエロ記事を任されることに。「28の処女がエロをどう語ればいい?」と悩んでいた時、偶然、糸が1本だけの一堂宏人(いちどう ひろと)と知り合い、気になったあすかは取材を申し込む。急な展開に驚く宏人だったが、断ればあすかが危険な事をしかねない勢いだったので取材協力を受け入れ、あすかの自宅に向かう。そして2人で話しているうちに、あすかは……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
続きはコチラから コミックプラス Amazonにて好評発売中
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました