オトナの赤い糸
【第11話】勝負してみたい(3)

試着室に水野と入ることになり焦っていたあすかだが、中に仕切りがあることに気づきほっと胸をなでおろした。着替えながら、水野にどうして“糸”がないのか尋ねると、水野は「自分に近づいてくる人は糸も嘘も多くて見るのが嫌になる」と言う。それを聞いたあすかは、水野は一途な恋がしたいのかと思い「いいな、水野さんの未来の恋人は。特別きれいな1本だけの糸ができそうですね」と話した。話しながら、ふと横をみると謎のスイッチがあることに気づく。何気なく押してみると、試着室の仕切りが開き……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
続きはコチラから コミックプラス Amazonにて好評発売中

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました