怪盗セイント・テール
【第4話】ライバルへの挑戦状

掲載期間2019年12月05日〜2020年03月26日
【前回までのあらすじ】いよいよ“青い隕石すり替え大作戦”を決行した怪盗セイント・テール。警備の目もさらっとすり抜け、偽物の青い隕石もすんなりゲットした。しかし帰り際に本物の青い隕石を置いてくるのを忘れたことに気づく。急いで戻しに行こうとしたとき、ふとバランスを崩して近くにいたアスカJrの腕の中に飛び込んでしまう。「どうしよう、顔を見られちゃう!」と思ったセイント・テールだったが、親友の聖良がくれた香水をアスカJrの顔に吹きかけてなんとか逃げ切った。目を覚ましたアスカJrの手には本物の青い隕石が握られていて、宝石を守った恩人だと依頼主から感謝される。手柄を認められたアスカJrは市長から怪盗セイント・テールをつかまえるように頼まれて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
電子書店での購入はコチラから 『怪盗セイント・テール新装版』の購入はコチラから
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました