怪盗セイント・テール
【第11話】絶対絶命の大ピンチ

掲載期間2020年01月30日〜2020年03月26日
【前回までのあらすじ】近頃怪盗セイント・テールから予告状がない、と落ち込むアスカJr。それを見たセイント・テールこと芽美は「怪盗なんて出ないほうがいいじゃない!」と励ます。しかし、その言葉でアスカJrの機嫌はますます悪くなり、クラスの女子よりも 怪盗セイント・テールのほうがいい、と言い放つ。それを聞いた芽美は私がセイント・テールなのに……と複雑な気持ちになり、アスカJrを涙ぐんだ目で見つめ教室を飛び出した。そして、放課後立ち寄った礼拝堂には小さな女の子がペットを取られてしまったと助けを求めに来ていた。いつもはアスカJrに盗みの予告状を出していたセイント・テールだったが、今回はなにも伝えず盗みを決行する。目的のペットがいる家に辿り着くと、そこにいたのは黒い大トカゲ! 少し怖く感じ、直接触れるのをためらったセイント・テールは、大トカゲを宙に浮かせて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
電子書店での購入はコチラから 『怪盗セイント・テール新装版』の購入はコチラから
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました