桜色キスホリック
【第11話】責任とってね

「……私のこと、ほんとに好き……?」と小さく呟いた桜子に対し「好きだよ」と返してきたカイ。恋愛経験の少ない桜子は、その言葉に動揺してしまう。そして、帰りの車でもカイのことばかり考えてしまい、運転に集中できずにいた。するとカイが唇に触れそうで触れない、絶妙な距離で近づき「上手にお菓子作れたらさ、アンタからキスして。それまで、おあずけ」と言い、その言葉に桜子は心臓が止まるかと思うほどときめいて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
続きはコチラから Amazonにて好評発売中
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました