社長とSP~今日も朝まで密着警護~
【第4話】社長の指先を見ると意識しちゃう……♡

あおいは大好きな製菓会社の社長のボディガードとして働くことになった。しかしそれは社長の彼女のフリをしながらの24時間密着警護というものだった。早速、強制的に社長のマンションまで連れてこられた、あおい。豪華な社長の家に自分の部屋が用意され、その部屋の広さと高層階に感動しながら、あおいが着替えていると荷物を届けに社長が部屋に入ってきた。下着姿のあおいが驚いて転びそうになったので社長が受け止めた、その時、窓の外からの視線を感じた社長は物陰に隠れるようにあおいを押し倒した。狙われていたことに気づいていなかった、あおいは社長の行為に驚いて照れると「ふりって言ったろ。何サカってんだよ」と笑って社長は部屋から出て行き……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
パルシィで続きを読む コミックプラス Kindleで読む

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました