社長とSP~今日も朝まで密着警護~
【第11話】先輩SPの拘束技がスゴイっ♡

酔っぱらったあおいはいつの間にか寝てしまったらしく、気づくと目の前には、はだけた要の胸元があり、そして要にしっかりと抱かれていた。あおいは驚いて離れなきゃと思いつつ、要の温かい体温を感じた。すると突然、要の指が動き出し反応してしまう。あおいは要が起きてるのか寝てるのか考えながら、自分も起きた方がいいのか寝たふりをした方がいいのか迷っていた。しかし、要の止まらない手に思わず息を漏らしてしまうと、グイっと強く抱き寄せられ要の動きは止まった。あおいは「やっぱり寝てるんだ……なんだ」と思った自分に“私、なに期待してーー”と戸惑うが、頭は要のことでいっぱいになり……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
パルシィで続きを読む コミックプラス Kindleで読む

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました