東京卍リベンジャーズ
【第2話】人生で唯一の彼女

武道が駅のホームで電車を待っていると、背中を何かに押されホームの下に落ちてしまう。そこに電車が到着し、武道は“死”を感じた。その瞬間、思い出されたのは人生で唯一付き合った彼女の橘日向(たちばな ひなた)だった。そして武道は気づくと、そのヒナタと付き合っていた頃の中学2年生の記憶の中にいて、友だちと他の中学の生徒に喧嘩を売りに行く所だった。あまりにもリアルすぎる走馬灯に戸惑う武道だったが、だんだんとその当時の事を思い出していた。しかし全てを思い出した時には既に遅く、ボロボロになるまで殴られ続けて……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
Amazonで好評発売中! TVアニメ『東京リベンジャーズ』公式サイト 映画『東京リベンジャーズ』公式サイト
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました