友恋
【第4話】皆じゃなくて、たった一人のため

未知の高校デビューを詐欺と話していた男子生徒に紙を丸めて投げつけた鹿野。少し凹んでいた未知もその鹿野のおかげで気持ちが軽くなっていた。そして鹿野は朝5時から起きて走ったりメイクをしている未知の事を褒める。いつも“すげー”と言ってくれる鹿野に対してドキドキし始めた未知は……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
続きはこちらから
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました