私たちはどうかしている
【第22話】厨房が使えないなら

厨房の権限を譲ってほしいと頼みにきた椿に対し、大旦那は“権限を譲るのは正式に光月庵を継ぐ者だけ”とし「おまえには譲ることはできん」と言う。そして居合わせていた七桜に「椿は光月庵を継げん。私のほんとうの孫じゃないからな」と言って去ってしまう。困惑する七桜に椿は祖父である大旦那は自分のことを女将の不貞でできた子だと思われていると話し、血の繋がりなんてくだらないと悔しさを見せ……
次の話を見る 全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
【プレゼントの応募はこちらから】 Amazonにて新刊10巻発売中! Renta!で続きを読む コミックDAYSで続きを読む
SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました