雪女と蟹を食う
【第3話】もし雪女が現実にいたら……

《前回のあらすじ》図書館でぶつかった美女が大きなダイヤの指輪をしているのを見て、男は「あのダイヤ、売ったら10万くらいになるよな」と魔が差して、その美女の家に押し入った。すると「身体が目的なら、お相手もします。警察に届けたりもしません。なので乱暴にしないでください」と言った美女に、男はそのつもりではなかったが……
全話を見る
マンガタイトルの購入はこちら
ヤンマガWebで続きを読む! Amazonで好評発売中! ヤングマガジン公式HP『雪女と蟹を食う』

あなたにおすすめのマンガ

SHARE!

ランキング

もっと見る

保存した記事

    保存した記事一覧へ
    記事を保存しました