ファッション

着心地バツグンで優秀なユニクロの服。めちゃくちゃ使いやすいトップス5選

2020.03.03

シンプルでどんな服にも合わせやすいうえに、シルエットだって“今”を意識してデザインされてる。着心地バツグンの生地感もさすがの一言。YES、ユニクロの服がめちゃくちゃ使いやすいってことはおしゃれさんの間ではもはや常識。では、今シーズン、ViVi的には何を選ぶべき……? そんな疑問に我らがemmaがアンサー。今回は、超ウルトラ優秀なトップス5選をご紹介!

Uniqlo Uの新作Tシャツは色気も出せちゃう優れモノ!

細身のハーパンとの組み合わせで、いつものカジュアルを一発リード。UネックT(一部店舗のみで販売)¥1000/UNIQLO(Uniqlo U) ハーフパンツ¥11000/Carhartt WIP Store Tokyo(Carhartt WIP) ベルト¥1299/スピンズ イヤリング¥990/アダストリア(Me%) サングラス¥42000/Eye’s press(BJ CLASSIC COLLECTION) チェーンブレス¥70000、リング¥12800/gravitate(LAVER) メッシュパンプス(3月中旬発売予定)¥11800/Lily Brown

これは、120%買わなきゃなアイテム。デニムやハーフパンツルックが一気に女らしく見える、今の私に理想的なTシャツ! Uネックの開き具合もちょうどいいし、長めの半袖&肩がコンパクトなシルエットも最高〜

メンズのロンTはLサイズが最高なんです

ボトムはベビーピンクのサテンフレアパンツでテイストMIX。ロンT(メンズ)¥1990/UNIQLO(Uniqlo U) フレアパンツ¥16000/the Virgins ゼブラスニーカー¥8000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) フープピアス/スタイリスト私物

ロンTはサイズ感が何より重要だと思ってて。私はゆるく着る方が好きだから、オススメはメンズのL! 袖口のデザインもいいし、厚手の生地を使っていてラフに見えすぎないところも◎。ロンTなのにきちんと見える一枚って感じ

Page 2

キレイに着られるベージュのニットベスト、これから絶対重宝するはず

本気スポーティなパンツでエッジィに着崩す! ニットベスト(一部店舗のみで販売)¥2990/UNIQLO(Uniqlo U) ロンT¥7000/TOXGO(COME SUNDOWN) パンツ¥9000/NIKE カスタマーサービス(NIKE SPORTSWEAR) クリアミュール¥14800/YELLO フープピアス/スタイリスト私物

ニットベストは引き続き活用したいアイテム。Vネックのベストはもう持ってるから次なる一手はハイネック。今回は、ロンT合わせでメンズっぽく着たけど、レディライクな気分にもマッチしそうだなって思ってます

イネスコラボのスウェットトップスでitなスクールガール風!

着心地だって極上! ハーフジップスウェット(一部店舗のみで販売)¥2990/UNIQLO(UNIQLO/INES DE LA FRESSANGE) ミニスカート¥7900/atmos pink シュシュ¥1200/the Virgins ピアス(4点セット)¥1350/ストラディバリウス・ジャパン(ストラディバリウス)

ユニクロのコラボ企画はいつも注目していて、今回のイネスとのコラボラインはフレンチな上品さがすごくいいなって思ってたの。このライン入りのスウェットトップス、超タイプ。ポニーテール&ミニスカで着るのが気分!

Page 3

フィット感も、透けないのも最高!名作タンクはまずパステルから買うべき

意外にもクールな雰囲気がキープできる、レモンイエローがemmaのイチオシカラー。タンクトップ(一部店舗のみで販売)¥1000/UNIQLO(Uniqlo U) ナイロンコート¥26000/エーグルカスタマーサービス(エーグル) オールインワン¥15000/ココ ディール フープピアス/スタイリスト私物

ストレッチがイイ感じに効いていて、着ていてとにかく気持ちがいいの。あと、ピタッとしているのに透けない素材を使っているところも天才(笑)。そして、透けないからには薄い色を買っとくべきだよね

信頼のユニクロUで美パンツ発見。春色のグリーンもアースカラーも欲しすぎる

ユニクロUのGジャンは想像以上に着倒せる。袖と背中の「ふくらみ加減」に大絶賛!

この「こだわり感」を待っていた。ユニクロのスタンダードシャツが名品級によすぎる

PHOTO:SASU TEI(W) HAIR&MAKE-UP:REI FUKUOKA(TRON) STYLING:KANA TANAKA MODEL:EMMA(ViVi EXCLUSIVE) COMPOSITION&TEXT:URARA TAKAHASHI