エンタメ

坂口健太郎&永野芽郁がほのぼのトーク。いつもと違う自分になるために挑戦したいこと

2020.03.10

現役医師によるベストセラー小説を実写映画化した『仮面病棟』で、5年ぶりの共演を果たす坂口健太郎さんと永野芽郁さん。鬼気迫る“脱出ミステリー”がテーマの映画だけれど、撮影中は、終始ニコニコ。おしゃべりが止まらず、まるで兄妹のよう……♡ そんなほのぼのしたお二人に、映画のことやこの春のプランを聞いてきました。

監督になってお互いが主演の映画を撮るなら?

坂口健太郎

せつない家族もの

永野芽郁

交番コメディ

:芽郁は一人っ子役で、ちょっと切ない感じがいいな。闇まではいかないけど、悲しい何かを抱えてるような。

:そういうの好き! 坂口さんは、巡査役はどうですか? 町の交番勤務で、全然事件を解決できない巡査(笑)。でも人には好かれる。

:じゃあ、地で行けばいいのかな(笑)?

: はい! そのままで大丈夫です! !

Page 2

この春いつもと違う自分になるために挑戦したいことは?

坂口健太郎

筋トレ

永野芽郁

英会話

:昨年、舞台のため約12kg増やした体重を元に戻す! スキニーがめっちゃキツくなったんですよ。

:戻す方が大変そう。私は英会話。小さい頃からずっと英語が好きで、今CMをやらせていただいてるので、この機会に行くしかないなって!

Page 3

春、ファッションで注目しているものは?

坂口健太郎

開衿シャツ

永野芽郁

タイダイ柄

:やっぱり開衿シャツは、今年のトレンドですからね。わからないですけど(笑)。

:坂口さんが言えば、流行りますよ。

:なるほど!?

:私はタイダイ柄のノースリーブとトレーナーを買いました。今年流行りなんですか? お♡

[坂口]シャツ¥15000(ORIGINAL Jams)、パンツ¥23000(KHONOROGICA)、靴¥15000(space craft)/HEMT PR [永野]シャツ¥12000、パンツ¥13000/ベイクルーズ カスタマーサポート(ジャーナル スタンダード プラスイー) 靴/スタイリスト私物

合わせて読みたい

坂口健太郎&永野芽郁が5年ぶりに映画共演!気になる撮影中のエピソードとは?

PROFILE
さかぐちけんたろう
1991年7月11日生まれ。東京都出身。’10年「MEN,S NON-NO」モデルオー
ディションに合格しデビュー。’14年に俳優活動を開始。映画『64-ロクヨン- 前編/後編』、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』など話題作に多数出演。

ながのめい
1999年9月24日生まれ。東京都出身。スカウトをきっかけに小学3年生で芸能界入りし、モデル・女優として活躍。’18年上半期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』では主演を務めた。昨年エランドール賞新人賞を受賞。
INFORMATION
映画 仮面病棟
その日、平穏だった病院はピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠された。一夜限りの当直医・速水(坂口健太郎)、凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳(永野芽郁)、そしてなぜか通報しない院長とスタッフ。“何かがおかしい” 病院に隠された、衝撃の事実が明らかにな っていくーー。
©2020映画『仮面病棟』製作委員会

Model:Kentaro Sakaguchi,Mei Nagano Styling: Kentaro Higaki(little friends/for Kentaro), Miho Okabe(for Mei) Hair&Make-up:Rumi Hirose(for Kentaro), Eriko Ishida(air notes/for Mei) Composition:Noriko Yoshii