ビューティ

チークレスの時代は終わり!ハイライトを使ってじんわりピンクな頬に

2020.03.13

天才よっしーことヘアメイク𠮷﨑沙世子さんが「服から考えるメイク」。毎月、“リスナー”から送られてくる服×メイクの質問に、DJよっしーがお答えします。今回は“春トレンドのチークを使ったメイク”。ハイライトをレイヤードすることでしっくりくるチークの使い方ご紹介♡

今月のお便り

P.N 匂わせセレナーデさん

春トレンドのチーク。どう入れるのが正解?

チークにはハイライトをレイヤードしよう!

よっしー

涼しげな寒色×柔らかななじみ色の組み合わせが春らしい♡

ロンT¥7000/SNIDEL 右耳のイヤカフ¥7800、ピアス¥10800/14 SHOWROOM(LILYS) その他のアクセサリー/モデル私物 ワンピース/スタイリスト私物

ここ数年、チークレスメイクが主流でしたが、今季はチークが復活! とはいえ、急にチークを主役にすると浮いて見えてしまうから、チークだけで勝負せず、ハイライトとレイヤードするのがおすすめです。ピンクみのあるハイライトを使って、そこからチークの赤みにじんわりつなげていくと、久々のチークでも“唐突感”がなく、しっくりくるはず。合わせるリップは、色つきバームくらいの軽いテンションにすると、ベストなバランスに。

《 使用するアイテムはコチラ 》

A・チークもハイライトもこれ一つで◎。どんな肌感も自在。オーバーラスト チークパレット ¥7600(3月13日限定発売)/NARS JAPAN、B・豪華なシャドウパレット。4質感の12色。アフターグロー アイシャドーパレット ¥7600(3月13日限定発売) /NARS JAPAN、C・淡く色づくダスティローズうるんだツヤ感。アフターグロー リップバーム 1383 ¥3500(3月13日発売)/NARS JAPAN

今月使うのは【NARS】

「色や質感がキャッチ―で、NARSを見れば最新トレンドがわかるほど。撮影の時、つい選びがちです(笑)」byよっしー

Page 2

― H O W T O ―

ハイライトを部分のせ
【A】の左上のハイライトと右上の2色を混ぜて、目尻下、目頭、鼻根~鼻筋にのせて立体感UP。

チークを広めにON
【A】の下段の左と中央を混ぜ、まず頰骨に沿ってのせてから、下へ薄~くぼかし広げていく。

アイホールに陰影づけ
【B】の上段左から2番目のマットブラウンを、キワ~アイホール全体にぼかして陰影をつける。

下まぶたにもキラキラを
【B】の中段右端のラメシャドウを上まぶたのキワにぼかし、その残りを下まぶたにものせる。

リップを唇に直塗り
【C】のリップを唇全体にぐりぐりと直塗り。シアーなので、何度も往復させて色をのせて。

PROFILE

𠮷﨑沙世子色と質感のトレンドをいち早く察知する高い感度を持ち、マネしやすいリアルなメイクに仕上げる天才。モデルからの指名も多数!

他の記事もCHECK!

アイシャドウは2色使いが正解!涙袋をキラキラさせてピュア感を底上げ
赤リップちゃんと更新してる?今っぽく見せるマット×ツヤの正しい使い方
キラキラしすぎはNG!ラメをワンパートだけのせてモテ感をあげてこ
秋冬メイクは軽~く♡優秀プチプラコスメだけで可愛いお顔の完成

hair&make-up : Sayoko Yoshizaki/io photography : Toki(model), Young Ju Kim(still) styling : Mana Kogiso model : Ayumi Turnbull text : Hiroe Miyashita