ビューティ

昼&夜のデートメイクテク。大好きな彼には一番可愛い自分で会いに行こう♡

2019.02.10

ドキドキのイベント当日はすぐそこ……大好きな彼と楽しくデートしたい♡なーんて思ってる世の女子のみなさまへ。デートの時間帯に合わせて、彼をドキッとさせるメイクをご紹介します♡

フーディー 80/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY)

昼デートには、肌を中心にとことんツヤにこだわって。ナチュラルな透明感溢れるピンク色フェイスが正解♡ おうちデートにも最適だよ。

使用アイテム

[A]毛穴レスな透明美肌に。モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S 03 30ml ¥3500/ポール & ジョー ボーテ [B]女らしい血色をまとうモテ肌に。プリズム・プライマー 02 30ml SPF20/PA++ ¥5900/パルファム ジバンシイ [C]ハイライトのようにみずみずしい。ラディアント タッチ ルクッション B20 SPF50/PA+++ ¥7500/イヴ・サンローラン・ボーテ [D]自由に混ぜ合わせ可能。ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-1 ¥1200(編集部調べ)/コーセー [E]流行りのくすみ系血色。ケイト ヴィンテージモードアイズ RD-1 ¥1200(編集部調べ)、[G]つやん☆とした質感。コフレドール コントゥアアイグロス EX01 ¥2000(編集部調べ・3/16限定発売)、[I]色と形を自然に補整。キッカ メスメリック リップラインスティック 11 ¥2800/カネボウ化粧品 [F]溶け込むように色づく。カネボウ セレクションカラーズアイシャドウ 07 ¥5500/カネボウインターナショナルDiv(. 2/8発売) [H]ポンポン直接ON♡ スウィーツ スウィーツ クッションティントチーク 02 ¥1000/シャンティ Jぷっくりピュアな潤い系。キャンメイクボリュームアップレディグロス 02 ¥650/井田ラボラトリーズ

How to Make-up?

[A]を顔全体に塗ったあと、[B]をさらに重ねてほのかな血色感を盛り込んだら、[C]をしっかり叩き込んで。チークは[H]を頰の高めの位置に目の幅でまあるく入れるのが可愛らしく見せるコツ♡

[G]をまぶたに広めにのせたあと、[F]の右下を際に入れて陰影をプラス。下まぶたには[E]の右の色を目頭側メインで。眉は[D]の上3色を混ぜてふんわり明るめに。

唇の内側を色付けるように[I]を塗り込んだあと、[J]をたっぷりのせて、ぷるんとした透け血色リップに。

Page 2

リブタートルニット 800/lilLilly TOKYO(lilLilly) イヤリング 00/GOLDY

夜デートは、オトナっぽくてちょっぴり色っぽい赤リップを主役にした美人メイクで。バランスをとって、程よいメイク感をONしよ♡

使用アイテム

[A]くすみをカバーして透明感たっぷりの肌に。インテグレート エアフィールメーカー ラベンダーカラー 30g ¥900(編集部調べ)/資生堂 [B]おしゃれな赤み系。フーミー アイブロウパウダー + redbrown ¥1800/Clue [C]優しい雰囲気の目元に。デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ピュアブラウン ¥1200/イミュ D透明感たっぷりのきらめき。ルナソル ジェミネイトアイズN 01 CE ¥5000/カネボウ化粧品(2/8発売) [E]透け感が魅力のラメシャドウ。セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 04 ¥400/セザンヌ化粧品(2/22発売) [F]オレンジのニュアンスをほんのり与える。シマー リクイド ブラッシュ 03 ¥3900/SUQQU [G]パーフェクトなマットリップが女っぷりを高める。パワーマットリップピグメント 2773 ¥3500/NARS JAPAN

How to Make-up?

[B]の左側2色を混ぜてほわっとした眉を描く。こうして目元に赤みをまとうことで、女らしい美人感が出現☆

[D]の右下の色をアイホールにのせてほんのり陰影をつける。下まぶたの際に[E]を間隔をあけてのせ、程よくきらめかせる。ラインは[C]で目尻だけにすーっと軽くでOK。

[F]をスポンジにとり、小鼻の横あたりの下めの位置に楕円形に。肌は[A]で透明感上げておくこと。

[G]を唇の輪郭に沿ってキレイに色づけて。上唇だけ少しオーバーに描くことで、オトナっぽさと女らしさが急上昇。

特別な日には、とびきり可愛い自分で彼に会いに行きましょう……♡

Photo:Mariko Kobayashi Model:Seika Furuhata(ViVi exclusive) Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki Styling:Mikako Chinen Text:Natsuko Tohriyama Composition&Design:Orie Nakamura