エンタメ

可愛いまま棺桶に入るのが夢♡藤田ニコル&kemioが語るこれからの人生について

2020.03.19

不定期連載『ハウス オブ ハイビスカス』では、kemioが会ってみたい人、化学反応が面白そうな人とガンガン、セッションしていきます! 今回は特別版として、4月号の表紙を飾り、写真集『好きになるよ?』が発売されたばかりの本誌専属モデル、藤田ニコルとセッション。フューチャリスティックなネオンカラーの衣装をまとい、今の自分たち、SNSの在り方までセキララトーク! 今回はニコルとkemio、二人が考える仕事や人生について。

HOUSE OF HIBISCUSって一体なんなのさ?

『家族』とか『仲間』的な意味で、友達とテキトーに作った言葉。何がいいかなーって考えてた時、目の前にハイビスカスが咲いてたの。ハイビスカスって可愛いでしょ?

高校時代からティーンのカリスマとして大人気だった2人も20代に突入。2020年の幕開けとともに、今の自分たち、そしてこれからの人生を語る。

kemio

ニコルちゃんはにこるんビーム時代から、今日まで年中無休でずーっと大忙しじゃない?

藤田ニコル

ぶっちゃけ、心休まる時とかないよ〜。たまに自分の人生に飽きてる時もあるもん(笑)。あと何年かしたら、芸能生活はもういいかなぁとも思ってる。同じことがずっと出来ない人間だしね。

kemio

えっ!? 何やるの? ネイルサロンオープンとか?

藤田ニコル

ううん(笑)。世の中にはいろんな職業があるじゃん? ウチは勉強が得意じゃなかったし、芸能の仕事が合ってたからこれまでやってきたけど、ハタチを超えて、視野も広がって、意外と他のこともできるんじゃないか? って思えてきたの。“表”に出ないことでもいいんじゃないかって。

Page 2

kemio

へぇ〜!  たしかにニコルちゃんはずっとなにかを追求してるイメージ。例えばカメラを買って、動画の勉強してたりとか。

藤田ニコル

そうそう。本格的に映像の仕事もいいなと思ってる。だから表に出る仕事は、飽きたら終了する予定。ファッションショーのキャーって声援がシラけてきたら、幕引きするとかね(笑)。いつもなにかの1番になりたい性格だから、1番になった瞬間にどっかに行きたくなっちゃうの。勝ち逃げしたい派。でもViViモデルとしてはまだまだトップになれていないから、もっと頑張らないと!とは思ってるよ。

kemio

リアルなご意見ありがとうございます!(笑)

藤田ニコル

kemioくんは、将来の夢を聞かれたら、何?

kemio

ない! 将来の夢ってぶっちゃけない。ウチもすごい飽きやすいの。バイトも9回くらい変えたし、習い事もいっぱいやってたし。

藤田ニコル

kemioくんの10年後がどうなってるのかは、すごい気になる。

Page 3

kemio

今の自分の仕事は、天職だと思ってる。神だと思う。10年後も“表”にいるかは分からないけど、なにかしらエンターテイメント業界にはいたいと思ってるかな。

藤田ニコル

ぶっ飛んだことやってる方が合ってそう!

kemio

どうなんだろう、想像つかない。だけど可愛いまま死にたい(笑)。それがスローガン!  可愛いまま棺桶に入りたい。それが夢なの。

藤田ニコル

あはは(笑)。次はなにをしてくれるんだろう⁉ っていうワクワクを与えてくれる人って、なかなかいないから、kemioくんには注目しちゃう。面白くて、気になるホットニュースを届けてくれる人が同世代にいるのは、すごく嬉しいよ!

【kemio】シャツ¥143000、パンツ・参考商品、ブーツ・参考商品 【NICOLE】ジャケット¥206000、トップス・参考商品、スカート¥67000、ハット¥68000、ブーツ¥127000/エドストローム オフィス(COURREGES)

Page 4

PROFILE
kemio/1995年生まれ。東京都出身。YouTubeなどのSNSで発信するクリエイター。2019年より活動の拠点をNYに移動。この年、通っていたパーソナルジムが知らない間に閉店。最近、やっと逃げなそうな誠実なパーソナルトレーナーを見つけ、筋トレを再開したとか。
INFORMATION
【藤田ニコル写真集 好きになるよ?】
発売日:2020年2月22日
定価:本体2500円(税別)/講談社
ISBN:978-4-06-518306-9

藤田ニコル “ぜんぶ見せた”1st写真集の発売前重版が緊急決定!

HOUSE OF HIBISCUS

Photo:Toki Styling:Ai Suganuma Hair & Make-up:Itatsu(kemio),Rei Fukuoka(TRON/Nicole) Model:Nicole Fujita(ViVi exclusive),kemio Text:Yumiko Ito