ビューティ

ムダ毛にブツブツ……。背中が汚いせいで、肌見せ服なんて着れません(涙)【こっそり相談。ViVi保健室】

2020.03.27

今回のお悩みは、背中について。春になって背中の開いた服が増えていくのに、ムダ毛やブツブツが気になって着れません!と、背中のトラブルに悩む女子って、意外なほど多いのです。綺麗な背中になるにはどうしたらいいのか知っておきましょう。ViVi世代が気になる悩みを、専門家にしっかり取材。信頼できて役に立つアドバイスをもらおうという企画「こっそり相談。ViVi保健室」。

今回の相談
Q.背中がガッツリ開いた洋服を着たいのに、私の背中には黒々とした大量のムダ毛と赤みのあるニキビが……。ViViモデルのような、“美背中”になるにはどうしたらいいの?
答えてくれる先生はこの人!
佐藤 都雅先生
2020年1月に開院したばかりの「BeLumi表参道クリニック美容皮膚科」院長。女性ならではの視点で、美にまつわるお悩みに寄り添ってくれる名ドクター。ご本人も羨ましいほどの美肌の持ち主!

A-1:毛穴詰まりがブツブツを引き起こす
A-2:保湿は油分系がNGな場合もあります
A-3:脱毛は肌を傷めない方法で!

A-1:毛穴詰まりがブツブツを引き起こす

背中ってそもそも皮脂腺も多くて毛穴が詰まりやすいパーツ。それでもターンオーバーがしっかりできているなら特に問題はないのですが、なんらかの原因でターンオーバーが乱れると、皮脂が毛穴に詰まって炎症が起こりやすくなるのです。

「私は乾燥肌だから大丈夫」と思っている人も注意が必要。肌は乾燥するとそれを補おうと皮脂を過剰に出すので、それで毛穴が詰まることもあるから。また、背中のブツブツはニキビではない場合も。例えば同じ真菌が関与している病気でも、マラセチア毛包炎と脂漏性皮膚炎では、治療薬も違ってくるので、治りが遅い、常にブツブツが出るという人は皮膚科の受診をおすすめします。

A-2:保湿は油分系がNGな場合もあります

背中の保湿は必須ですが、注意したいのは何を使うか? ということ。時々、ワセリンで保湿しているという声を聞きますが、肌の状態によっては毛穴をふさいでしまうことも。ワセリンは優れた保湿アイテムですが、乾燥を防ぐものであって、乾燥した角質を潤す機能はありません。ヒルドイドローションなど角質を潤す機能を持つアイテムが安心です。肌質、季節に合わせて選びましょう。

また、保湿の前に、ピーリングをするのもおすすめ。ターンオーバーも整いやすくなりますし、保湿成分の浸透もサポートできます。サロンやクリニックで受けるほか、AHA配合の石鹸などを使ったホームケアでもよいです。

A-3:脱毛は肌を傷めない方法で!

背中のムダ毛問題ですが、いきなりカミソリで剃ってしまうのはご法度。角層をごそっと削り取り、それが炎症や色素沈着に繋がる恐れがあるから。どうしても剃りたいなら、電気シェーバー。表面の毛をカットするのみなので肌を傷めずにすみます。

可能なら、クリニックのレーザー脱毛がベスト。脱毛効果は永久ではないですが、サロンで光脱毛でも可。背中の毛を処理すると毛穴へのばい菌の付着も防げるので、ブツブツ対策にもなりますよ!

先生のアドバイス
きちんと洗って丁寧にお手入れすれば、背中は必ずキレイになります。また、脱毛することでブツブツまで一気に解決することも! 薄着の季節の前にぜひ挑戦してみて。

ビビ子

そういえば自分の背中見たことないかも…。
オリオン座みたいなホクロがあったらどうしよう。。。
えっロマンチック。。。

二キビのこと、臭いのこと、生理のこと、Hのこと……見ためとか身体にまつわることって、「人には相談しづらいけど、信用できる答えが知りたい!」ですよね。そこで! ViViがみなさんにかわって信頼のおける医師のかたがたにお悩み相談をして、キチンとしたアドバイスをもらってこよう!というのが『ViVi保健室』なのです。人気クリエイター、Pantovisco(@pantovisco)さんが毎回描くイラストも注目です!

illustration/Pantovisco