イケメン

なにわ男子登場!恋バナに濃すぎる個性、熱い思いをぎゅぎゅっとお届けします

2020.03.25

いま注目度も人気も急上昇中の「なにわ男子」が全員集合でViVi5月号に初登場! 会いたすぎて、登場してほしくて、ViVi編集部は大阪まで取材に行ったのだとか。文字量も表情も豊富な6ページの特集です。テーマはタイトルどおり「ぎゅぎゅっ」と! キュンキュンしちゃう仲良しショット満載です。

扉の向こうから仲良くラップセッションして登場♡

編集担当が終始楽しかったという撮影現場を振り返ります。
「当日は彼らのホームである大阪のスタジオでの撮影だったこともあり、終始テンション高め! スタジオの扉の向こうから仲良くラップセッションをする声が聞こえてきたと思ったら、『よろしくお願いしまーーーーーすっ!!』と元気よく登場してくれました。テレビに雑誌に引っ張りだこで連日忙しいはずなのに、ViViスタッフのリクエストに笑顔で応えてくれる、なにわ男子のメンバーに終始、感激しっぱなしでした」

撮影は、モノトーンスタイルでぎゅぎゅっとキメてもらうカットから始まったそう。
「仲が良すぎてすぐに笑っちゃう→スタッフも思わず笑っちゃう、という幸な連鎖もありつつ、キメるときはキメてくれちゃうカッコいいショットが撮れました♡ 1人ずつの撮影では、『最後にふざけた感じでお願いします!』と伝えると、さすがはなにわ男子! 出てくる出てくる、キュートなおちゃめフェイス。そのギャップにズキュン……! ぜひ誌面で探してみてください」

担当したライターは「インタビューではメンバー総当たりの他己紹介のあと、全員で恋バナを展開してもらいました。生まれた時から一緒なの?と疑うくらい、長男から末っ子の7人兄弟大家族のような仲良しトークに、キュンとしつつも思わず癒やされること必至です。お互いのことをよく知っているからこそ、『〇〇にはこういう子が合ってる!』『××は実はこういう人が好きやろ〜』など『え、そうなんですか⁉』と終始新しい情報の連続でした。全部伝えたすぎて、誌面には小さな文字でなるべくすべて、入れています(笑)」と語るほど、撮影現場はずっと盛り上がっていたようです。

撮影の最後には「これからのなにわ男子」について真剣に語る様子もあったそうで、「熱い想いが感じられる中、でもやっぱりリーダー大橋さんの『楽しくが第一!』という一言が、妙に心に響きました。それがなんたって、彼ららしい。この“家族感”という唯一無二の強さだと思いました」と語る編集担当。「熱くて、笑っちゃって、その緩急がみんなの胸に響く。そんな彼らの“いま”をぜひ、見逃さないでほしいです」

Page 2

ご購入はこちらから

Cooperation:BACKGROUNDS FACTORY Composition:Noriko Yoshii