エンタメ

今のうちに自己投資!元・乃木坂46の生駒里奈は舞台にも美容にもストイック

2020.04.02

5月公演の舞台『-4D-imetor』で主演を務める生駒里奈さん。乃木坂46卒業後は大好きな舞台活動にエネルギーを注ぐ一方で、“オタクレベル”という美容研究にも余念がないよう!

プライベートでは癒やしを求めてYouTubeをずっと見ています

「今回私が演じるのは、テレポーテーションで突然現れた、記憶を失った謎の少女・ノア。見た目は明るいんだけど内側には陰なものを抱えている、というキャラクターです。私自身、『頑張ろう!』と言いつつ内心は落ちていたりするような人間なので、オファーをいただいたときは『あ、見抜かれてる』と思いました(笑)。イリュージョンを使った演出もあるアトラクション演劇なので、舞台初心者の方も楽しめると思いますし、出演者のイケメンさんもよりどりみどりですよ!」

Page 2

そう語るのは、長く乃木坂46のセンターとして活躍してきた生駒里奈さん。2018年に卒業後は、大好きな舞台を中心に活動されていますが、少し余裕ができたプライベートな時間は何をして過ごしているのでしょう?「それが何もしていないんです。プライベートでも仕事のことを考えるのが好きなので、舞台で映えるメイクを研究したり、本番を乗り切れる食事を考えたり。最近初めて女優友達ができたので、ランチに行ってお芝居の話ばかりしてます!」

それ以外は、ほぼ家で一人でYouTubeを見ている日々だそう。「癒やしを求めて、誰かの赤ちゃんとか、柴犬りんご郎の動画を見てます。あとはビューティー系。私、10代のときはニキビがひどくて、1年半グルテンフリーと大好きな炭酸ドリンク断ちを続けて体質改善して、やっと治せたんです。今も18時以降は水以外口にしません。美容にはかなりストイックですよ。 最近はちょっと奮発していい化粧水を使うようにしてます。オススメは、お年玉から1万円だけ美容費につぎ込むこと。今のうちに自分に投資しておくと、将来何倍ものリターンが見込めると思うんです!」

ジャケット¥42000、パンツ¥32000/HOUSE OF VIVIANO SUE(VIVIANO SUE) その他/スタイリスト私物

生駒里奈(いこま りな)
1995年12月29日生まれ。秋田県出身。2012年に乃木坂46のメンバーとしてデビュー。1stシングルから5thシングルまでセンターを務めるなどグループの中心メンバーとして活躍。2018年5月をもってグループを卒業。現在は舞台を中心に、女優として活躍中。趣味は漫画を読むこととアニメ鑑賞。

INFORMATION
エン*ゲキ#05『-4D-imetor』
超能力研究所所長・渡来暦(池田純矢)たちの前に突然現れた少女・ノア(生駒里奈)。彼女は記憶を失っており、自身のルーツを解明するため渡来と手を組む。その頃、超能力としか思えない方法を使ったテロが、首相官邸で起こる。ノアと渡来は事件の真相を追い始めるが……。5/8~18まで東京・紀伊國屋ホール、5/23~24まで大阪 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて公演。
合わせて読みたい

「ファッションに敏感なViVi読者にこそ見てほしい」満島真之介が新作映画について熱く語る!

女性の裸がどうでもよくなった撮影って?山田孝之×玉山鉄二×満島真之介が裏話を語る

撮影/小林真梨子 ヘアメイク/スズキユウジ スタイリスト/津野真吾(impiger) 取材・文/山本奈緒子