ファッション

おパリな肌見せをマスターする♡女っぽく着るのがこの春のポイント

2020.04.04

おパリなあの子も、LAセレブのカッコが好きなあの子も、シンプル系が毎日の定番って子も、とにかくこの春は肌見せが気分みたい。どんなスタイルでも、それに合った肌見せでちょっと女っぽく着るのがこの春はちょーしいいんだって! さあ、この春みんなはどんな肌見せしちゃう? 今回はデコルテ開きが可愛い♡ おパリな肌見せアイテムとその着こなし方をご紹介。 

デコルテ開きで勝負!!この春はおパリ肌見せからはじめよう

おパリ的肌見せは、上品に女っぽく見えるようなちょいレトロなデコルテ開きがお約束 やりすぎた露出はダメ! 下品に見えないように可愛さもきちんとキープしてね。 小物や足元で抜け感を作るのも大事だよ。 肌見せがちょーしいいと自分もテンションアガるよね~。

ボタンを留めてトップス感覚で! 

ちびカーデ

これなら程よいデコルテ見せに。

カーディガン¥16500HONEY MIHONEY エナメルスカート¥6900atmos pink カチューシャ¥590GU ピアス¥500/クレアーズ原宿駅前店 ミドルブーツ¥38500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

♡おすすめちびカーデ♡

1.ちびカーデが断然今っぽ。カーディガン¥5990/バロックジャパンリミテッド(LAGUA GEM) 2.カーディガン¥4536/ザラ・ジャパン(ザラ)

Page 2

春の大本命!デコルテが開いた

スクエアカットトップス

スクエアにカッティングされているから、デコルテ部分が綺麗に見えて女っぽい!

ショート丈ブラウス¥5990EVRIS 新宿ルミネエスト店 パンツ¥12800/ジャック・オブ・オール・トレーズ ROLLA`S) バレッタリボン¥2000the Virgins スカーフ¥700/スピンズ ピアス¥500/クレアーズ 原宿駅前店 パンプス¥18000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)

♡おすすめスクエアカットトップス♡

1.ギャザーとスクエア開きのW使いで色っぽく。ギャザートップス¥5400EMODA ルミネエスト新宿店 2.この春人気のギャザートップス。トップス¥5980/エゴイスト ルミネエスト新宿店 3.ギャザーをキュッと寄せて着ると可愛い! スクエア型トップス¥9890épine

さりげなさのあるガーリーな

キャミ

華奢な肩紐とか、小花柄とか……どこかさりげなさのある控えめガーリーなキャミ。 デコルテ部分を肌見せする日はボトムはロングで露出のバランスを。

上・花柄ビスチエ¥12000/ジャック・オブ・オール・トレーズ( MLM LABEL) デニムパンツ¥9890、イヤリング¥2980/épine ネックレス¥2100/NADIA FLORES EN ELCORAZON ミュール¥5445/ザラ・ジャパン(ザラ) 中・オールインワン¥13000(5月発売予定)、キャミソール¥3500/Charles Chaton ラフォーレ原宿店(Charles Chaton) バレッタリボン¥2000/the Virgins ピアス¥1420/STYLENANDA 原宿 パンプス¥13000/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) 下・ドット柄ビスチエ¥4490/EVRIS 新宿ルミネエスト店 カーディガン¥8500/SHAGADELIC デニムパンツ¥10990/バロックジャパンリミテッド(SLY) ピアス¥300/クレアーズ 原宿駅前店

Page 3

おパリな雰囲気むんむんに~♡

カシュクールトップス

上品レディな印象に。 こんな日は脚を思いっきりだしちゃお。

ブラウス¥6980/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) ショートパンツ¥6980/épine リボン¥1600/NADIAFLORES EN EL CORAZON イヤリング¥700/クレアーズ原宿駅前店 バッグ¥2599/WEGO ミュール¥18000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(SOL SANA)

おパリなあの子もやりすぎてない! これが今のキブン♡

合わせて読みたい

太カチューシャにターバン。春の必須アイテム・モテ小物でおパリガールをはじめよう

おパリガールの定番モテitem♡アイスブルーデニムの着こなし術

モテるのは女っぽく着る黒♡最新おパリスタイルの基本

ガーリー派の春はお上品に♡絶対にハズせない肌見せ4大アイテム

Photos:Ryuji Sue(Model) Makoto Muto(Still) Styling:Yurika Nakano(LOVABLE) Hair&Make-up:Sayoko Yoshizaki(io) Model:Alissa Yagi,emma Eri Tachibana(ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi