エンタメ

モラルを守っていればいい魚が釣れる?!中川大志と石井杏奈が大切にしている美学とは

2020.05.06

青春映画に引っ張りだこの若手実力派の二人が新境地を開拓。“砕け散る”ほどの体当たり演技で、衝撃の愛の物語が完成! 作品への思いやお互いの印象を語ってもらいました。

アドレナリン全開&命がけで撮影に挑んだ映画です!

ViVi:「砕け散るところを見せてあげる」という作品名の通り、劇中には二人の捨て身の覚悟が求められる衝撃のシーンも。出演が決まったときの感想は?

中川今まで経験したことがない色の作品に参加できることに喜びがありました。僕が演じた濱田清澄は普通の高校生ですが、どうしても守りたい大切な人のためにヒーローになる決意をします。僕もアドレナリン全開で演じました。

石井:原作小説がすごく面白かったので、私もヒロインの蔵本玻璃として参加できることに幸せを感じました。命がけで挑んだシーンもあり、毎日のように大きな達成感を味わっていました。

ViVi:二人は同い年で、共演は今回が3度目。お互いに、役者として尊敬している部分を教えてください。

中川:中学2年生で初めて共演してから、杏奈ちゃんは純粋なところが変わっていないと思います。今回も、「上手く玻璃を演じてやろう」といったエゴや下心を持たずに、ひたむきに役と向き合っている姿に刺激を受けましたね。

石井:私は今回、大志くんの底力を目の当たりにした気がします。映像の中だけでなく、撮影現場に立っているだけでも、大きな存在感を放っていて、いつも、何事にも正面から体当たりで挑んでいたし、すごく頼もしい人だと思いました。

中川:ありがとう! もっと言って!

Page 2

誰も見ていない状況ところでの振る舞いが大切

【中川さん】トップス¥105000/アレキサンダーワン(アレキサンダーワン)、パンツ¥30000/ジョン ローレンス サリバン(ジョン ローレンス サリバン)、シューズ¥98000/ジュゼッペ ザノッティ ジャパン(ジュゼッペ ザノッティ) 【石井さん】バングル¥46000/e.m表参道 イヤカフ¥19800/jouete、サンダル¥7900/RANDA、ワンピース/スタイリスト私物

ViVi:では、ご自身でアピールしてください(笑)。清澄は学内でのイジメを見て見ぬフリできないような少年ですが、普段の中川さんが正義感を持って実践していることはありますか?

中川:なんだろう……。強いて言うなら、誰も見ていない状況でこそ「ちゃんとする」ことを心がけています。

例えば一人で趣味の釣りをしているときに、ゴミを残さないで帰るとか。たとえ人目がなくても、当たり前のモラルを守っていれば、やっぱり神様が見ていて、いい魚が釣れるような気がするんです(笑)。

ViVi:劇中では学生特有の繊細な人間関係が描かれています。仕事においてもグループ活動を経験してきた石井さんが、他者とのコミュニケーションで大切にしてきた美学はありますか?

石井:もし人間関係で嫌なことがあっても、感情任せに相手に伝えると上手くいかないものだと思っているので、私は、「思いやりを持って相手に嫌だと言う」か「我慢をして墓場まで持っていく」の二択しかないと思っています。それを慎重にジャッジすることを心がけています。とにかく、陰で不満を言うのだけは控えているつもりです(笑)。

中川:大人だな〜……。僕の場合は、むやみに自分に攻撃されたとしたら、その人のことは考えないようにします! 嫌われている人のことを思い浮かべて頭を悩ませるくらいなら、自分の味方でいてくれる人に対して時間を費やしたいですからね。

やっぱり万人に好かれるのは難しいので、開き直る勇気を持つことが楽に生きる秘訣だと思います。

PROFILE
中川大志
1998年6月14日生まれ。東京都出身。第42回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。主な出演作は映画「坂道のアポロン」、NHK大河ドラマ「真田丸」、NHK連続テレビ小説「なつぞら」、TBSドラマ「G線上のあなたと私」など。

石井杏奈
1998年7月11日生まれ。東京都出身。2012年からE-girlsに加入。同年日本テレビ系ドラマ「私立バカレア高校」で女優デビュー。ドラマ「チア★ダン」、映画「ソロモンの偽証」「四月は君の嘘」など出演作多数。
砕け散るところを見せてあげる
竹宮ゆゆこの同名小説を「蟹工船」などのSABU監督のメガホンで実写映画化。どこにでもいる高校3年生・ 濱田清澄は高校1年生で嫌われ者の蔵本玻璃がいじめを受けている現場を目撃し、彼女を助ける。清澄は玻璃をいじめ問題から救おうとし、次第に2人の心の距離も縮まっていくが……。近日全国公開予定。

Photo:Kodai Ikemitsu(TRON) Styling:Takashi Tokunaga(Taishi Nakagawa),Tamiko Awano(Anna Ishi) Hair&Make-up:SayakaTsutsumi(Taishi Nakagawa),Kiyomi Onuki(Anna Ishi) Interview&Text:Satoshi Asahara