エンタメ

本当は不倫なんかしたくなかった!恋愛トラブルを弁護士に相談【ViViホットライン】

2020.05.11

不倫やリベンジポルノなど……、恋愛における問題は永久不滅。さらに、自分は真剣な恋だと思っていても、実は騙されていたり、別れるときに泥沼になったりと、禁断の恋にはトラブルの危険がたくさん。「こんなとき、一体どうしたらいいの?」という疑問を、テレビのコメンテーターとしても大活躍の田村勇人弁護士に伺いました。

教えてくれたのは……
田村勇人 弁護士
フラクタル法律事務所代表、第一東京弁護士会所属。共著に『フラクタル法律事務所の離婚カウンセリング 離婚の答えが出るノート』のほか、テレビ番組『直撃LIVE グッディ!』に木曜コメンテーターとして出演

【相談内容一覧】
❶彼が既婚者だったことを後で知ったんです。これって慰謝料、請求できるの?
❷「妻とは終わっているんだ」と言う既婚者の彼。それでも奥さんにバレたら私も慰謝料、請求されちゃうの?
❸不倫関係の彼に別れを切り出したら、「妻にバラしてやる!」「別れるなら、これまでのプレゼント代を返せ」と脅迫されちゃいました……
❹独身とウソをついた彼を、なんとか痛い目に遭わせたい! それも犯罪になるの?

相談者①

半年間、付き合っていた彼。でもつい先日、彼が既婚者だったことを知ったんです。びっくりしたし、なにより騙されていたことにショック……。すごく傷つきました。正直、男性不信になりそうです。これって慰謝料もらえませんか!?−22歳・事務

Page 2

結論から言えば、このケースは男性側から慰謝料を取れます。「既婚者ではない」と相手にウソをついて性的な関係を持つことは、法的にいうと『貞操権の侵害』に当たります。通常、女性は男性に100万〜300万円の慰謝料を請求することにができます。

さらに彼の子を身ごもって、やむを得ず中絶した場合は、女性側が肉体的・精神的負担を強いられたとして慰謝料を請求することができます。相場としては200万〜300万円程度ですね。

つまり「結婚していない」と既婚者の男性に騙されて付き合ったうえ、妊娠して中絶……という場合には、女性は男性に対して、500万〜600万円を慰謝料として請求できるというわけです。

ただ慰謝料を請求するには、「自分が騙されていた」ことの証拠が必要です。

一番メジャーなのは、LINEやメールのやりとり。相手が「独身だ」とウソをついたやり取りのスクショや音声記録などが有効ですね。付き合った初期の段階で、相手には「他に恋人はいないんだよね?」「独身なんだよね?」とLINEなど証拠が残る形で確認しておくのもよいでしょう。

また出会ったきっかけとなる「場所」も有効です。もしもふたりが出会ったのが、結婚を前提にしたマジメなサイトや、お見合いパーティなど真剣交際を目的としたものであれば、「騙されていた」「既婚者と知らなかった」と認められます。マッチングアプリで出会った場合も、プロフィールに「バツイチ」「独身」などと記載されていた場合は、その画面のスクショを残しておけば有力な証拠に。

Page 3

注意が必要なのは、同じ職場の人が相手の場合。あなたがどんなに「彼が既婚者とは知らなかった」と主張しても、裁判所の判断では「同じ職場で働いているんだから、結婚しているかどうか知ることはできたでしょ」と言われてしまいがち。バイト先の店長など同じ職場の男性と付き合うなら、相手が既婚者かどうかあらかじめしっかり確認してから付き合わないと、リスキーといえるでしょう。

慰謝料でお金は返ってきますが、あなたの時間は返ってきませんし、傷ついた心やカラダの傷は元には戻りません。なにより騙されないこと、「不倫」という一線を超えないよう気をつけることが重要です。

【騙されていないかのチェック方法】
•土日、年末年始のデートに誘ってみる
•スポーツの日など子どもの学校行事がありそうな祝日を狙ってデートに誘ってみる
•家に行っていい? と聞いてみる
•急に会えるか、泊まれるか聞いてみる

すべて拒否するようだったら、彼がクロである確率は高いといえるでしょう。

相談者②

既婚者の彼と付き合っています。彼からはいつも『妻とは終わっている』『離婚を考えている』と言われているんです。それでも、彼の奥さんにバレたら慰謝料を請求されちゃうの!?−21歳・大学生

不倫男の言い分を信じても、残念ながら救われません。あなたが彼の妻を傷つけてしまった加害者として、慰謝料を要求されたら、支払わなくてはなりません。口先だけの話に騙されていたとしても、法廷では「相手の男性が妻帯者であることは知っていたし、彼と交際することによって、妻を傷つけることになることは推測できたはず」と判断されてしまうんです。

唯一、例外的に「騙されていた」と認められるのは、「離婚届を見せられた」「別居している状況を見せられた」という場合ぐらい。その場合も、離婚届を見せられたらそれを写真に収めておく……くらいのことをしないと証拠としては不十分。

「妻とうまくいっていない」という、耳触りのよいセリフを安易に信じてはダメ、ということは法律の面からもよくわかりますね。

Page 4

相談者③

彼が既婚者と知りました。このままこの関係を続けるのはムリ。私から『別れよう』と言ったら『妻にバラしてやる!』『別れるなら、これまでのプレゼント代を返せ』と脅迫されちゃいました……−23歳・PR

これは相当、執着心と自己愛が強いタイプの男性ですね。世の中には「自分から別れを切り出すならいいけど、自分が振られるのは許せない!」と考える人がいるんです。

まずは、脅迫された証拠を残すこと。口頭だったら録音する、LINEなどであればスクショを取っておくことが重要です。その上で、「あなたのやっている行為は、脅迫やストーカー規制法違反だよ」と相手に伝えてみる。

それでも収まらない場合は、法のプロに相談を。これまで実際、私が対応してきたケースでも、弁護士が介入して内容証明によって警告したら、すぐに収まったことが多々あります。

費用としては、「別れたい」という意思を伝えるために内容証明を送って、そのまま丸く収まったときは10万円ぐらいが目安ですね。恋の終わりを弁護士が代行するのというのも、身を守る策として知っておいて損はないでしょう。

少なくとも相手の勤務先や住所などは、付き合っている間にしっかりチェックしておいてくださいね。

Page 5

相談者④

彼が既婚者だって知りました。騙されていたことが悔しいし、苦しいんです。慰謝料よりも、なんとか彼を痛い目に遭わせたいと考えています。仕返しできるいい方法はありますか?−20歳・大学生

「私と別れるなら、奥さんにバラしてやる!」「職場に言ってやる、取引先にもバラしてやる!」「ネットに書き込んでやる!」――こんな風に思ってしまいたくなる気持ちはよくわかります。本気になった相手ならなおさらです。でもここは少し冷静に。

というのも、怒りに身を任せてこんな腹いせをしてしまうと、法的にアウトになってしまう危険性が大いにあるからです。

「不倫関係を会社や家族にバラす」などと告げる行為は、それだけで脅迫罪に問われます。そして、腹いせに「○○さんは不倫をしている」と実際に会社にバラしたり、SNSや掲示板に書いたりすると、名誉毀損で訴えられてしまいます。また待ち伏せをしたり、しつこくLINEをするとストーカー規制法違反になる可能性も。

たとえ自分が騙された被害者だとしても、自分で罰を与えることは、裁判所の判断ではアウト。「法的に許された仕返し」は、慰謝料を請求することだけなんです。

もちろん悔しい気持ちはわかりますが、恋愛のチャンスはたくさんあります。ぜひ前向きに進んでください。そして困ったことがあったら、いつでも弁護士に相談してみてください!

びびねぇ

これまでたくさんの依頼者の話を聞いてきた田村先生。不倫に陥りやすい女性の共通点は、「次に付き合うのが最後の人」「この人だけは他の人と違う」と決めつけてしまう人が多いんだとか。でも不倫男に執着するなんて、法的なリスクはもちろん、時間のムダじゃない? まずは、自分の価値を自分で認めてあげられる強さを持ちましょう。あなたのことを本当に大切にしてくれる人にきっと出会えるはず♡

ViViホットラインへの質問はコチラ

illustration/Hikaru Tanaka Text/アケミン