エンタメ

佐藤大樹&橋本環奈はナイーブorドS?モテ期エピソードまで♡2人の素顔を大公開!

2020.05.14

ナイーブな男子高校生作家と、秘密を抱えるドSな天才女子高生作家。そんな真逆の2人が『小説の神様 君としか描けない物語』でタッグを組んだ、“小説”を通じ、絆を強めていく映画。EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹さんと、橋本環奈さんのシューティング。演じたキャラと重なる部分、リアルな素顔を探るべく、2人にインタビューしてきました!

\注目の2人/

佐藤大樹と橋本環奈の素顔をネホハホ♡

環奈ちゃんは圧倒的な存在感を放ってる!(大樹)

魅力は、なんと言っても圧倒的な存在感。オーラがすごいです。これは生まれながらに持っているものだと思うし、お金をいくら払っても手に入らないものだと思います。特別なオーラを放っている方です!(大樹)

Page 2

大樹くんは表現力のかたまり!(環奈)

ステージでダンスやお芝居をしている時と『小説の神様』での陰キャ演技が、彼の中に共存しているのがすごい! あとツッコミが面白いです。周りがよく見えているからか、そのツッコミがとにかく早い。それにとても気を遣える方ですよね。知識豊富なので、例えツッコミとか、たまに?? な時もありますけど(笑)。(環奈)

Page 3

―――同じ高校生作家でありながらも、クラスでは目立たない内向的でナイーブな男子高校生と学校のマドンナ的存在のドS女子高生を演じた2人。そんな2人のリアルな学生時代は?

大樹 僕はダンス一筋でした。高校1年生から始めたので。

環奈 そうなんだ? てっきり小学生くらいからやってたのかと思った!

大樹 小学校ではサッカーをやってて、15歳からLDHのEXPG STUDIOに通い始めたんだ。役柄とは全然真逆で、とにかく女の子からモテたくてしょうがない高校生だったな(笑)。

環奈 (笑)。実際のところは? モテた!?

大樹 ぶっちゃけ……モテました(笑)当時、ダンスをやっている人が少なかったっていうのもあるけど。僕が通ってたのがマンモス校で、ダンス同好会のメンバーで各棟を回ってパフォーマンスする時間があって、もう……それはそれは……(笑)。

環奈 へぇ〜(笑)。私は高校2年生の時に、『銀魂』撮ってました。

大樹 おおお! レベルがやばい(笑)。

環奈 写真でメディアに取り上げてもらったのが中3だったので、そこからすごく忙しかったな。福岡県の女子校に進学して、東京と往き来してました。始発の飛行機で福岡に帰ってきて、そのまま登校するみたいな生活で忙しかったけど、すごく充実してました。仕事で卒業式にも出られなかったんですけど、先生たちが別日に卒業式をやってくれて。そしたら友達がわざわざ制服を着て会いに来てくれたんです。本当に優しい友達に囲まれた高校生活でした。

大樹 まさに小余綾こゆるぎさん(映画の役名)みたいな人気者だったんだね。

Page 4

―――役と現実の自分で重なるところは?

環奈 SNSのコメントに病むシーンがあるんですけど、それは私たちの生活でも十分有り得ることですよね。有名になればなるほど、その人に対して賛否両論あって当たり前だけど、どれだけ強い人でも悪く言われて落ち込まない人はいないんじゃないかなって。私の場合は、ネットのコメントを100で受け止めず、気にしないぞ〜って流すようにしています。もちろん真摯に受け止めるべき意見もあるし、良いこと言われてると嬉しいですけどね!

大樹 僕は、劇中の2人のように周りが見えなくなるほど好きなことに没頭するっていうところが、自分の高校時代と重なりました。モテたかったけど、実際は恋愛よりもダンスに没頭していたので。制服デートとかしてみたかったな(笑)。

環奈 私も、制服デートしたことない! してみたかったー!(笑)

―――作品内では“小説の神様”を信じていましたが、2人が信じている神様は?

環奈 運の神様です! 私、小さい頃からすごく運が良いんです。一番は人運に恵まれていると思います。

大樹 僕はライブの神様! 同じ曲でも公演ごとにお客さんの反応って全然違うし、必ずここ一番の大事な場面で成功してきたので、ステージ上の神様は本当に信じています!

INFORMATION
『小説の神様  君としか描けない物語』 ネットの辛辣な書き込みに傷つく高校生作家の千谷一也(佐藤大樹)と、超売れっ子女子高生作家の小余綾詩凪(橋本環奈)が、ベストセラーを目指し共作することに。友情を超え近づく2人が紡ぐ、青春ストーリー。近日公開予定。
©2020映画『小説の神様』製作委員会
PROFILE
佐藤大樹(さとうたいき)
1995年生まれ。埼玉県出身。EXILE兼FANTASTICSのパフォーマー。2020年発売の1st写真集『STEP BY STEP』では鍛え抜かれた肉体を披露。映画『HiGH & LOW』シリーズ、『ママレード・ボーイ』、『センセイ君主』、CINEMA FIGHTERS project『魔女に焦がれて』等に出演。
橋本環奈(はしもとかんな)
1999年生まれ。福岡県出身。女優。『セーラー服と機関銃-卒業-』で初主演を務め、同作にて第40回日本アカデミー賞「新人俳優賞」受賞。主な映画出演作に、『銀魂』『キングダム』『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』『午前0時、キスしに来てよ』など。『弱虫ペダル』が8月公開予定。

Photos:Masashi Tanaka(TRON) Styling:Jumbo(speedwheels/Taiki),HideoSuzue(H/Kanna) Hair&Make-up:Toshiyasu Oki(Taiki),Junko Morimoto(GON./Kanna) Composition&Text:Yumiko Ito