エンタメ

中島健人&平野紫耀がViVi7月号の表紙に登場!“最高&最愛のバディ”を12ページで大特集

2020.05.15

国民的アイドルであり、今いちばんアツい“バディ”、Sexy Zoneの中島健人さんとKing & Princeの平野紫耀さんが、ViVi7月号に登場します。通常版表紙、巻頭12ページの大特集です! 今回のテーマは“MIDNIGHT HEROES”。二人を見ていると、なんだか「ヒーロー」を思い浮かべませんか? みんなに勇気と元気を与えて、「きっと未来は明るい!」と信じさせてくれる。そんなヒーロー級の最強バディが、HAPPYを届けてくれました!

※撮影・インタビューは緊急事態宣言発令前に行いました。
※通常版の内容は表紙違い版と同じです。

息ぴったりの最強バディ

撮影現場でも素敵すぎた二人の裏話

撮影は表紙のカットから。裏話の一つとして、実は最初、二人の衣装は逆だったのです。それでも素敵だったのですが、数枚撮った後、急遽変えてもらうことに。恐縮するスタッフに、中島さんは「ここにある服全部着たい!」、平野さんは「ViVi3月号の撮影でつけたヘアバンドに憧れて、自分でも買いました!」と声をかけ、現場を和ませてくれました。

衣装チェンジ後、あまりにもカッコよすぎるカットが連発される中、表紙カットに採用された1枚には、スタッフ全員が「これだ!」と息を飲んだのでした。

撮影の山場はスタジオを出ての夜のロケ撮影。まだ肌寒い時期の中、お互いに温め合ったり声を掛け合ったり、さまざまなリクエストに応え続けてくれました。

肩を組んで走るシーンや並んで遊ぶシーンでは動きが見事にシンクロし、びっくりするほど息が合う二人。

裏話二つめとしては、見つめ合って駆け抜ける二人のすべての表情を撮りこぼすまいと撮影に没頭したカメラマンのカメラのコードが絡まって、パソコンが宙を舞って落下したこと(笑)。

もちろんそんな珍事ははじめてですが、最後まで「大丈夫ですか?」と気遣いを見せてくれたのが印象的でした。その甲斐あって(?)撮れた二人の“最高のバディ”感が出た1枚はぜひ誌面でご覧ください!

インタビューでは、お二人のヒーロー論をアツく交わしてもらいました。

「あぁ、こんなふうに考えながら、毎日最高のエンターテイメントをみんなに届けてくれていたんだ……!」と、取材スタッフも染み入った“エンタメのプロ”の素顔。でもちゃんとユーモアで落としてくれるところがさすがなロングインタビューを、ぜひ読んでみてください。また、お互いの他己紹介に加え、必見の「恋愛2択」もたっぷり答えてもらいました♡ お見逃しなく。

圧倒的な存在感。圧倒的なカッコよさ。国民的アイドルは、国民的ヒーローなのだと実感する12ページです。他では見られないビジュアルとインタビュー、ぜひご覧ください。

ご購入はこちらから