ビューティ

ボディケアはミルクかオイルのどっち派!?人気の保湿アイテムは香りも抜群♡【ViViコスメアワード】

2020.05.19

肌見せの季節がまもなく到来~! そんな今こそ知っておきたいのが、絶対的に“効く”ボディケアコスメ。ViViモデルをはじめとした美容通たちが選ぶ、真の名品を発表しちゃいます! あなたは、ボディの保湿にはボディミルクかボディオイルのどっち派!? それぞれのおすすめポイントと一緒に、みんなの選んだアイテムをランキング形式でご紹介♡

“軽やかでしっとり”が人気

ボディミルク部門

クリームよりも軽やかで、塗った後もベタつかない。カサカサボディも瞬時にしっとりさせる保湿力。この2つを両立したアイテムが上位を独占!

肌にするりとなじむ感触にファン急増中♡

1位:シロ
サボン ボディ ミルク

200g ¥3800

清潔感と透明感のある、優しい香りと高い保湿力で人気。「香りもすごく好き。朝、全身に塗っておくと香水代わりになります。」(モデル、アイデザイナー NANAMIさん)、「のびのよいミルクはべたつかないし、しっとりさらさら。重たいクリームが苦手な人にも試して欲しい。」(ViVigirl 田口彩実さん)、「保湿力の高さと香りのよさを併せ持つ名品!」(ViVigirl 高塚みゆきさん)

一日中続く、しっとり肌に導くミルク

2位:ニベア
スキンミルク しっとり

200g オープン価格/ニベア花王

潤いを閉じ込めて一日中しっとり肌が続く。「しっとり感がとにかくスゴイ! リラックスできる香りも好きです。」(emma)、「こっくりとしたミルクはのびがよく、肌の中まできちんと潤う実感があります。脚のマッサージにも使ってます。」(ViVigirl 劉聡さん)、「そのままでももちろん優秀だけど、ボディオイルと混ぜて使うのもおすすめ。」(emma

フレッシュなヴァーベナの香りも魅力!

3位:ロクシタン
ヴァーベナ ボディローション

250ml ¥3900/ロクシタンジャポン

シアバターやサンフラワーオイルが肌を外的刺激からガード。オーガニックヴァーベナのレモンを思わせる爽やかな香りのファンも多い。「軽いテクスチャーで春夏のケアにぴったり恋を呼ぶ香りも」(美容ライター 戸塚真琴さん)、「これでお手入れすると肌がたちまちツヤツヤに 同じ香りのシャワージェルやオードトワレを併用するのもおすすめ。」(編集MH

Page 2

香りのよさもポイントです!

ボディオイル部門

オイル部門で人気が高かったのは、保湿力が高いのにベタつかず、しかも香りで気分の上がるアイテム。香水代わりに愛用している人も多かった!

モテ度の高いジャスミンの甘~い香り

1位:フローラノーティス ジルスチュアート
センシュアルジャスミン ボディオイル

100ml ¥6000

肌をやわらかくほぐしながら、肌にするりと浸透。「爽やかなのに色っぽくヘルシーな雰囲気をまとえるジャスミンの香りが至福(美容ライター 通山奈津子さん)、「サラサラなオイルだから、ベタつきを気にせずケアができます。これからの季節にもってこい。」(ViVigirl 大野真衣さん)、「なめらかに肌が整うし、印象的な香りでケアが心地いい。」(美容ライター 小熊政美さん)

肌を瞬時に潤すベストセラーオイル

2位:ロクシタン
シア ザ・オイル

100ml ¥4900/ロクシタンジャポン

高い保湿効果で愛されるシアの成分をたっぷり配合した、ブランドを代表する人気シリーズのオイル。上品な香りにうっとり。「ロクシタンのオイルは全部好き これは甘い香りが女のコらしい。」(愛花)、「ボディだけでなく髪にも使っています。まとまりがよくなって◎。少量でもよくのびて、コスパも優秀。」(ViVigirl 井上茉莉那さん)

大ヒット香水のボディオイル版!

3位:ディオール
ミス ディオール ボディ オイル

100ml ¥6500/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオールを代表する香りであるミス ディオールのボディオイル。グラース ローズが主役の可憐な香りは世界中で大ヒット中!「香水と一緒に使うと愛らしい香りが一日中続くんです!」(編集EH)「これからの時期にもぴったりなライトな質感。それでいて保湿力も優秀なんて、さすがディオール。」(美容ライター 中川知春さん)

♡合わせて読みたい♡

ふわふわ泡が最高♡美容マニアが選ぶボディソープTOP3【ViViコスメアワード】

美のプロたちが選んだ!確実にツヤ肌になれるスクラブTOP3【ViViコスメアワード】

お風呂美容で美ボディに♡代謝アップを狙える入浴剤TOP3【ViViコスメアワード】

ボディケアの記事をCHECK!!

Photos:Shin Igarashi, Yasuhiro Ito Styling:Haruna Yamamoto Text:Chiharu Nakagawa