イケメン

いつか『キスブサ』に出たい!森本慎太郎がデビュー後の目標について語る

2020.05.25

鍛え抜かれた筋肉はただただ美しい。さらに、それがイケメンだったら……♥ そんな、夢の企画がついに実現! 今回登場したのは、新時代のジャニーズ、SixTONESの森本慎太郎さん。グループを代表する肉体派であり、パフォーマンスに見え隠れする、日常のなかで育まれたナチュラルな筋肉が印象的。そんな森本さんに、デビューしてからのこと、同日にデビューしたSnow Manのこと、今後の目標について聞いてみました。森本さんならではの“無邪気な色気”をお届けします!

デビューしてからのボク。

ーーデビューすることを知らされたときは、てっきり怒られると思っていました。

滝沢(秀明)くんにSixTONESとSnow Manが集められたんですが、正直まったくデビューのことは頭をよぎらなかったですね。何するんだろう? 怒られるんじゃないかなって思ってました。デビューするって聞いても、まさかって感じで。

いままでの下積みのことは関係なく、デビュー組として新たなスタートを切るわけだから頑張らなきゃいけないなってメンバーと話しました。

Page 2

ーーじつは、デビュー直前が一番忙しかった。急なオフにとまどっています(笑)。

今、めちゃくちゃ家にいます(笑)。

正直デビュー直前よりは休めていますね。仕事があればあるだけ嬉しいタイプなので、ちょっと不安も感じるんですが、King & Princeの神宮寺(勇太)をはじめ、みんながデビュー後はそんな感じだって話すので、そういうもんなのかなあと。ありがたい悩みなんですけど、急なオフに何をしていいかわからないんです。その悩みを持つようになったのが一番変わったことですね。

デビューを一番実感したのは自分たちのCDが店頭に並んでいるのをみたとき。
ジェシーとCDショップに行きましたね〜。ファンと一緒に列に並んで買いました。CDが出て記録作ったと聞いたりするのはすごく嬉しかったんですが、そういった実感って続くものでもない。デビュー直後って意外と冷静なんだなと僕も改めて思いました。

まだ、“シックストーンズ”って呼ばれることも多いんですよ。だから、まずは名前を覚えてもらうことが先決。僕たちは喋るのも好きですからバラエティ番組もやりたいし、冠番組も持ちたい。ツアーも日本だけじゃなく世界中を回りたい。そのためには、僕らのキャラやパフォーマンスの見せ方も考えていかなきゃいけない。それが今後の大きな目標です。

Page 3

ーーSnow Manとはいいライバル関係。でも、バラエティ番組の感想だけは悔しくて伝えられないです(笑)。

お互いに鼓舞しあっていて、番組見たよーとか声をかけあっています。いいライバル関係ですね。でも正直、羨ましいって気持ちもないわけではないです。向こうはすでにいろんなバラエティ番組に出ているんですよね。

僕たちはテレビっ子だし、とにかくバラエティが大好きなんですよ。だから、『それSnow Manにやらせて下さい』は毎回チェックしています。でもその感想はやっぱりまだ言えない。悔しさをこらえてリモコンを握りしめています。とは言え、頑張っている姿は単純に嬉しいですね。

違うグループですけど、僕たちは一緒にやってきたから、ある意味同じグループのような気持ちもある。なので、負けずに冠番組をはやく持てたらいいなと思います。

Page 4

ーーいつか『キスマイ超BUSAIKU!?』に出たいです。

二階堂(高嗣)くんとご飯に行ったときに、「あれは、ガチだから」と聞かされたんです。なので、僕だったらどうするかいろいろ考えるワケです。その想像をしているだけで楽しい。

あの番組はキスマイ(Kis-My-Ft2)だからこその空気感だし、そこに後輩が辛口審査!みたいな感じで入ったら面白いのかなあと思いますので、誰か! ぜひ呼んでください!

Page 5