エンタメ

“陽と陰”のキャラの違いが炸裂♡まりあ×愛花×さくらでZOOMミーティング!

2020.06.02

ViViモデル同士は世間でいうところの同僚。What’s up!な近況報告とともに、トピック立てしてZOOMミーティング。真面目な話や、ためになる話、カオスな話にふざけた話と、十人十色の撮れ高でした。今回は、まりあ、愛花、さくらの3人でZOOMミーティング! 「生まれてこの方、ネガティブになったことがない」という陽キャ代表、オーラ先輩(=まりあ)と、自らを「陰キャ」と位置付ける愛花とさくら。180度違うキャラが炸裂しつつも、最後は、先輩がいい感じに締めてくれました!

河北譲りの明るい先輩が、自称・陰キャの後輩たちを盛り上げる図

まりあねぇねぇ、さくらちゃんと愛花ちゃんが「私たち陰キャです」って言ってるって聞いたんだけど(笑)、どういうところが陰キャって思うの?

さくら人と接するときにおどおどしちゃうっていうか……。家で1人で過ごすのも大好きで部屋の隅でずっとゲームしてます。疲れたら寝て、ご飯食べてゲームするって生活で。

まりあマジ!? 私は外に出ない方が「うぅ」ってなるかも。

愛花私はアウトドア派だけど、1人で居るか本当に仲の良い友達としか遊ばないです。

まりあ私もいつも決まった人としか遊ばないよ! それって陰キャなの?

愛花いや、んー。例えばなんですけど、大学生って人生の中で一番テンションがハイな時期だと思うんですね。20歳になるとお酒も飲めるようになるし。そんな中でも、陰キャは決してハイにならないんです。陽キャがハイになっているのを静かに見ているんです。

まりあ分かりやすい! 陽キャが、フゥ〜〜〜!ってなってる時に、陰キャはツーーーーってなってるってことね。(?)

Page 2

愛花私の場合、心を許した人の前でしかハイになれないです。知らない人がいる所では無理。だから面識のない人が後から合流してごはんに行く!みたいな流れになったら、そういう時はパスしちゃいます。

まりあへぇ! 私は好奇心が勝つかな。ワクワクしちゃう。どんな人かな♡知らない世界を教えてもらえるかも!って。新しい出会いへのポジティブな気持ちは湧かない?

愛花ポジティブな感情が湧くのは、近い人に対してが多いかも。一緒に仕事をしたことがある人とか。プライベートだとなかなか新しい人に踏み込めないですね。

まりあ愛花ちゃんって、結構話しかけてくれるイメージだから意外!

愛花なんだろう。興味のある人に話しかける社交性は持ってます。だけど、違うかもってなったら身を引くというか。

まりあへぇ! それはそれで世渡り上手。私は基本「NO」って言えないから。

Page 3

さくら私に関しては、スクールカーストの底辺ですので、騒いでいる人たちの輪には自分からいけないです。

まりあス、スクールカースト!? そんなこと考えたことない(笑)。楽しそうなことやってる人たちが居て、自分が興味あったら「わぁ〜! ナニそれ〜!」って素直に行くから。

さくらそのくらいのテンションの高さを持ち合わせていたら、私も人生楽しいですよ。

まりあ愛花あははは(笑)。

愛花陰キャの良いところは、ハイになることがあんまりないから、一緒に居るとリラックス効果があります。あと、交友関係が狭いから秘密がバレない(笑)。

まりあ好きなことへの知識が豊富な人が多い気がする。だから話してみると面白いよね。今日も新発見があって面白い!

さくら陽キャの人たちは、新しい世界を広げやすそうですよね。私もまりあさんのような明るいテンションについていけるようになりたいです。

Page 4

まりあ一回、愛花くらいの陰陽半々のテンションを挟んだ方が良いかもよ(笑)。

愛花まりあさんと話してると、自分もすごく明るくなれる!

まりあ本当にー!? 嬉しい! 私にとってそういう存在が、河北麻友子ちゃんだったんだ。私の1000倍パワフルだからさ。それこそ、後輩モデルちゃんで輪に入りづらそうな子が居たら、麻友子ちゃんが「○○ちゃん、おいで、おいで〜!」って言ったりしてて。だから、私もそういう風になりたいの。

愛花私がViViに入った時もまりあちゃんが話しかけてくれて、嬉しかったです。人を引き込む力がすごいです!

まりあえー嬉しい♡ 褒められた〜! さくらちゃんも何かあったら、「まりあちゃ〜ん!」っておいでね。

さくらはい、お願いします! 頼もしいです。

合わせて読みたい♡

「自己研究あるのみ!」谷まりあに学ぶ。前向き美容法で毎日をHAPPYに過ごそ♡

いろんな国を旅した愛花が冬の思い出をシェア♡映えなバリやタイの景色に感動!

ViViの新人モデル・アリアナさくらは学校で陰キャラ?15歳の素顔をのぞき見

Model:Maria Tani,Erica,Arianna Sakura(ViViexclusive) Composition & Text: Yumiko Ito