エンタメ

「あの……引かないでくださいね」伊藤健太郎が意外な偏愛趣味を公開♡

2020.06.04

男女問わずファンが多い、今まさに旬のイケメン俳優・伊藤健太郎さんにインタビュー。ボルダリングを題材にした映画、『のぼる小寺さん』では、思春期真っ只中の内気な男子高生役を演じました。今回、伊藤健太郎さんには同世代が多かった撮影現場の雰囲気や演技へのこだわり、共演した工藤遥さんの頼もしい姿や私生活での変わった(?)趣味、最新の自炊メニューなど……さまざまなことを聞いてきました! 内容盛り沢山でお送りします!

陰キャ高校生役で思春期のモヤモヤそのものを表現!

ーーーヤンキー役からいじめられっ子役まで、その演技力の振り幅が注目されていますが、映画作品では“陰キャ”が続きましたね。

健太郎『惡の華』、『のぼる小寺さん』と続けて内気な高校生役を演じさせてもらいましたが、似たようなタイプの役でも違うものにはしたい! と、いつも思っています。

内向的なキャラの演出って、どうしても猫背になりがちなんですけど(笑)、もちろんそれはそれで大きな共通項としてあってもいいとは思うんですが、どの角度まで猫背にするか、どこまで目線を泳がせるか、そういう細かい部分については、役ごとに結構考えています。

モニターを通して見た時にどう映っているのか、そしてもちろん共演する方とのバランスもあるので、現場で変えたりしています。

ーーー同世代が多く集まる現場はどうでしたか?

健太郎年上の先輩方と共演させてもらうことが多いので、最初は大丈夫かな? なんて不安だったんですけど、正直、年齢を意識することはなかったです!

この映画で僕は卓球部なんですが、ボルダリング部の役の方たちは撮影入りする前から一緒に練習していて、最初からチーム感があったんですね。実は、その輪の中に入るのが、最初はちょっと難しくて(笑)。すでにある、みんなの“間”についていけなくて、空き時間に1人で寝てたりしてたんです。

でも、そんな僕を気遣って、みんなが話しかけてくれたりして、本当にすごくありがたかったです。ただ、その“みんなの輪に入れない”みたいな感じって、役とリンクしている部分があるので、役作りには近道だったのかなと思います。

あと、小寺さん役の工藤(遥)さんは、初主演って聞いていたんですが、それを感じさせないような度胸があって。肝が据わっているというか(笑)、それはすごく尊敬しました。こんなにも堂々と、現場で座長として一本柱を立ててくれるんだ! と、すごく刺激になりました。

初主演っていうようには全く感じなかったですし、安心して現場に入れました。僕の方が年上なのに、全然僕よりしっかりしていました

シャツ¥24000/MAY CO.,LTD(ネプラ) Tシャツ¥10000/ティーニー ランチ(ディーヒル) パンツ¥36000/ファクトタム ラボ ストア(ファクトタム) 時計、靴/スタイリスト私物

Page 2

「夢へ突き進む同級生を見つめる高校生役。僕は高校時代から、いろんな職業になれる俳優になりたかったです」

ーーー公式HPで、趣味欄に“革製品に油を塗り込むこと”とありましたが、どういうことですか?

健太郎あの……最初に一言、引かないでくださいね(笑)。革がすごく好きなんです。革ジャン、革のブーツ、革のお財布とか。そういう革製品が使っていくうちに変わっていく様を見ているのが面白くって。自分でオイルをつけてケアすると、また違う感じになるし、世界にただ一つのものになるじゃないですか。傷のつき方も違うし、そういう意味で革製品の手入れが趣味です!

ーーー以前ViViの『おとこ飯。』企画で、見事な料理の腕を披露してくれましたが、最新の自炊メニューを教えてください!

健太郎最近は鍋を作ってます。帰りが遅くなっても、家でぱぱっと食べたいとなると、やっぱり鍋だなって。〆はうどん。あとはこの前、餃子を作りました! 無心で作っていたらものすごい量を作っちゃって(笑)。冷凍したので、次の日はそれを鍋に入れて食べました。餃子を作ってる時間にセリフを覚えたり、料理中って集中できるんです

伊藤 健太郎(いとう けんたろう)
1997年生まれ。東京都出身。モデルを経て、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で俳優デビュー。’19年日本アカデミー賞で新人俳優賞・話題賞俳優部門を受賞。’20年NHK連続テレビ小説『スカーレット』、舞台『巌流島』へ出演。映画『とんかつDJアゲ太郎』、『今日から俺は‼劇場版』、『弱虫ペダル』など、話題作の公開も控えている。

INFORMATION
『のぼる小寺さん』
クライミング部に所属している小寺さん(工藤遥)は大好きなボルダリングへ一直線。そんな彼女を見つめる、卓球部の近藤(伊藤健太郎)。何事にも一生懸命な彼女に触発され、周りのみんなも夢へと一歩踏み出していく。見る者と見られる者、それぞれの背中を押す青春応援ムービー。7月3日(金)公開予定。
©2020「のぼる小寺さん」製作委員会©珈琲/講談社配給:ビターズ・エンド

その他イケメンの記事を読む♡

Photos:Ittetsu Matsuoka Hair&Make-up:TetsuroShima Styling:Kazuaki Kugimiy Interview&Text:Yumiko Ito