ビューティ

キレイな肌で夏を過ごすために!メイクテクで毛穴を消す方法教えます

2020.06.02

毛穴の黒ずみや開きには年中無休で悩まされているけれど、特にこれからの季節は、そのお悩みが深刻化しがち。2020年の夏を毛穴レスで過ごすために、洗顔法から保湿、効くコスメまで、毛穴のギモンをALL解決しちゃお! 今回は、今ある毛穴の黒ずみや開きを今すぐ消したい……そんな時に役立つメイクテクを教えちゃいます!

教えてくれたのは・・・
美容家
石井美保さん
43歳にしてシワなし、たるみなしの驚異の美肌の持ち主。最新著書「一週間であなたの肌は変わります」(講談社)も好評。

皮膚科医・ 髙瀬聡子先生
わかりやすいスキンケア解説が評判の、ViVi読者の肌の主治医。雑誌ほかメディアにも多数出演。

Q1:塗るだけで毛穴が消えるファンデを教えて!

A:最新クッションは毛穴カバー力が高い!

「一撃必殺なのは絶対クッション! カバー力と自然なツヤで、毛穴を一瞬で消してくれます。お直しも、パフでなじませてから薄く重ねるだけで簡単」(𠮷﨑さん)

【左】薄膜で高密着。フローレス ルミエール ラディアンスパーフェクティング クッション SPF50・PA+++ 全5色 ¥5800/ローラ メルシエ ジャパン 【右】シンクロスキン グロー クッションコンパクト SPF23・PA++ 全6色 ¥5700/SHISEIDO

【左】生っぽいのに高カバー。
【右】ツヤ美肌がずっと続く!

Page 2

Q2:黒ずみのカバー法は?

A:クッションファンデを指でふわっとON

「気になる部分にクッションファンデを。指でふわふわっと、軽いタッチでポイント置きするのがオススメ」(𠮷﨑さん)

Q3:カバーしてもすぐヨレちゃう。メイク持ちをよくするには?

A:メイク前のケアがポイント

「毛穴が開いた状態でメイクすると崩れやすくなります。メイク前に冷やした化粧水などで顔を冷やし、毛穴をキュッと締めてからメイクを始めて」(𠮷﨑さん)

ひんやり化粧水

【左】スッとなじむ。ファーストセンス クーリングジェル150ml ¥3600(6月1日限定発売)/RMK Division 【右】インフィニティ クールアストリンゼント タイトアップ 150g ¥4000(編集部調べ・限定品)/コーセー

【左】溶けるようななじみ感
【右】氷点下タッチで急冷!

Page 3

Q4:ファンデの毛穴落ちを防ぐテクが知りたい!

A:下地をW使い!

「まず毛穴用の下地をすり込むように塗ってしっかり毛穴を埋め、次に顔全体をなめらかに整える下地を塗る。この下地の2個使いがポイント」(𠮷﨑さん)

全体をフラットに+毛穴埋め

【左】ケイト リセットカバーベース EX-1 SPF18・PA++ 30g ¥1400(編集部調べ)/カネボウ化粧品 【右】オンリーミネラルN by ONLY MINERALS ミネラルクリアスムーザー 01 ¥2700/ヤーマン

【左】凸凹と色ムラを均一化。
【右】毛穴補整&皮脂吸着。

Q5:毛穴落ちしちゃった時のお直し法は?

A:毛穴ベースで補整してハイライトの光で飛ばす!

「毛穴下地をなじませたら、上からキラッとするパウダーハイライトをブラシでON。ファンデで厚塗りするより光で飛ばしちゃいましょー!」(𠮷﨑さん)

毛穴ベース→ハイライト

【左】テカリを即オフ。キャンメイク ポアレスクリアプライマー 02 ¥700/井田ラボラトリーズ 【右】透明感が増すミント色。パールグロウハイライト 03 ¥600/セザンヌ化粧品

【左】毛穴をふわっとカバー!
【右】輝くパールがぎっしり。

Page 4

Q6:毛穴をカバーできるチークやハイライトは?

A:アディクションとrmsがオススメ!

「アディクションのリキッドチークは肌なじみがよくて、毛穴との境目が目立ちません。rmsのハイライトは、発光パワーで毛穴が消えます!」(𠮷﨑さん)

よっしーオススメ

【左】リアルな血色感を演出。チークポリッシュタッジオ ¥2800/アディクション ビューティ 【右】どんな肌色にもマッチ。rms beautyルミナイザー ¥4900/アルファネット

【A】むっちりした密な肌へ。
【B】ゴワつく肌をほぐす。

Q7:ツヤorマット、どっちが毛穴を隠せるの?

A:断然ツヤ!

「もう断然ツヤですね! 毛穴が気になる部分は崩れやすいので、マットにつくってしまうとヨレが目立つうえ、正直とっても直しづらいです」(𠮷﨑さん)

メイクテクで毛穴隠して、キレイな肌で夏を過ごそう♡

合わせて読みたい♡

人気ヘアメイクに聞いた!テカり、毛穴撃退パウダリーファンデ

お肌の悩みゼロ!理想的な自分になるために投入すべき美容液リスト

毛穴ケアの記事を読む

illustration:Emi Ozaki text&composition:Hiroe Miyashita